株、今日はどうなるの?

昨日の朝は寒さが戻ったと伝えたが、日中は太陽がでてそれはいいんだけど、今朝も雪はあまり降っていないようだ、昨日と比べると暖気といって良いような感じで1時間ほど前には屋根から雪が落ちていました。このまま暖かくなったり、寒くなったりで、春到来が近いおかもしれません。今年はやはり暖冬ということですか、そいわれると道路が凍っている日は少ない、とはいってもまだ2月中旬ですから気は緩めてはいけませんけど、雪が降ったときかなり寒くなりましたが、富山でブリがあがらなくなったと聞いたし、やはり異常気象が進んでいるということでしょうかね。

さて、いよいよ日銀がマイナス金利開始ですか、日銀が民間銀行から受け入れている預金の一部に手数料を課す金利政策だが、既に住宅ローンや貸し出しの金利を引き下げる銀行が相次いでいる。短期の資金を貸し借りする市場の金利は急低下したが、資産運用が難しくなるというマイナスの影響も表面化している。黒田総裁は衆院予算委員会で、マイナス金利政策について「金融機関の住宅ローンの貸出金利も下がっている。今後、効果が実体経済や物価に表れてくる」と述べたというし、三井住友銀行は住宅ローンと普通預金の金利を16日に引き下げたらしいが、いったいどうなってしまうんだろうか。。

株は先日大幅下落をして、その翌日はバカ上げをして、昨日もプラスであった、今朝のNYダウも222ドルも上げているので、日本もまたバカ上がりするんだろうか。
しかし、これもなんだかおかしい。

あのシンガポール在住の米著名投資家、ジム・ロジャーズ氏はリーマンショックよりもっとひどい時代がやってくると言っている。
投資家は今後どう動くべきなのか。日経ビジネスが電話で緊急取材した一部だが、ロジャーズ氏は大荒れの世界経済に対し「世界の中央銀行は市場をコントロールできなくなっている」と話したようだ。
世界経済の混乱の発端は、中国経済の減速?私はそうは思っていない。今回の騒動の諸悪の根源はすべてワシントンにある。米国はここ数年、大量の紙幣を刷り、金利を歴史的にこれまでなかった水準にまで引き下げた。
「中国だって被害者だ」米国は資金を引き揚げようとしている。金利を上げることによってね。
大量に紙幣を刷り、金利を引き下げ、資産を買い入れ、マイナス金利も導入した。世界の中央銀行は今、パニックになってあらゆる策を講じている。でも効かない。この調整局面は少なくとも2年はかかる、いやもっとかかるかもしれない。
日本がいい例だ。低迷する日本経済を救済すべく、日銀は金利をゼロにした。銀行や会社を潰さないようにね。
でも、それは現実から目を背けることにしかならなかった。金融政策によって作り出された人工的な市場は、結果的に問題を先送りしてきただけだ。
日本はもう景気後退期に差しさしかかっている。すでに調整は始まっている。
2008年のリーマンショックの時より深刻な状況になるかもしれない。債務は当時より膨らんでいるのだから。
原油価格は今年中に悪材料が出尽くして底をつけ、今後3~4年かけてまた上昇すると見ている。
私は今、何も動いていない。どの国の株式も債券も危険すぎる。短期トレーダーでない限り、手を出してはだめだ。米ドル、日本円、人民元を保有しているが、日本円はもう売り時と考えていて、来週には売ってしまおうと思っている。だいぶ円高に動いたからね。
いかがだろうか、誠に悲観的な観測をしていますね、私は投資についてはやっていないのでわからないが、神様のように思われている方の談としてはあまりに強烈なのではないだろうか。

また、経済アナリストの藤原直哉氏も「日本と世界にひとこと」の中で広がる不景気にどう対処するか語っています。
http://fujiwaranaoya.main.jp/160217.mp3
SMBC日興証券の集計によると、3月期上場企業の増益も4%台に急減するというし 毎度の言い訳のように聞こえるが中国減速などの影響で「業績に急ブレーキがかかった」と伝えています。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016021601001968.html

政府はGPIFによる株式直接投資見送りへ株価急落で懸念として、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による株式直接投資の解禁を見送る方針を固めたっていうけど、あたりまえだろう。
公明党も近く年金制度委員会を開いて決めるそうだし、厚労省は与党の決定を待って改革案を修正。株式直接投資を見送る一方、理事長に権限が集中している体制を改めるために合議制の経営委員会(仮称)を設置するGPIF改革法案を今国会に提出するという。
誰かが株で損したら国民に泣いてもらうようなことを言ってたが「国民の金をどこまで勝手に使うつもりだい。」いい加減にやめろよ!!

しかし、世界を見ても不思議だが中国の李克強首相は、中国経済は穏やかな成長が続いていると繰り返すし、日本の安倍総理は、企業業績が改善され、賃金も上昇しており、日本経済はもはやデフレを脱却したと国会で豪語している。
アメリカのオバマ大統領は経済についてほとんど言及しないが、FRBのイエレン議長が2015年暮れに利上げを実施し、金融緩和から引締めへの出口政策が取られた。
こうしてみると、世界主要国の指導者および政策担当者のほとんどは、景気動向、経済の先行きについてポジティブに判断しているようだが、ほんとだろうか?
経済の危機的状況が見えないのか、それとも見ないようにしているのか・・・
そういえば、韓国経済は、主力企業の65%が減収だという。
新たな金融危機の足音が聞こえる_BJPress

<気になる情報>
☆【もうヤメロ】国民1人当たり824万円の借金はウソ!⇒正しくは「政府が」「国民に」824万円借金があるということです。
http://健康法.jp/archives/12843

☆原発シンドローム
<甲状腺がん>福島の子ども「数十倍」…放射線の影響否定的[毎日新聞]
twitter情報より
【異常事態】福島県の小児甲状腺がん、悪性が12名も増加!累計165名が悪性ないし
悪性疑い!委員会は放射能との関係を否定!
http://mainichi.jp/articles/20160216/k00/00m/040/088000c

☆ロシア首相、サウジアラビアが核保有を検討
http://jp.sputniknews.com/politics/20160215/1615174.html#ixzz40F5N4mRc

☆「大企業の儲け、庶民には回りません」安倍内閣ブレーンも認めたアベノミクス失敗
http://www.j-cast.com/tv/2016/02/15258421.html

☆甘利氏秘書、20億円提示促す 民主党、建設会社側とのやりとり公開
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220160215549/

☆「糞便移植により、体に良い細菌を体内に戻すことができる」
”糞便バンク”開設、腸内感染症治療に活用オランダ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000006-jij_afp-int

☆批判にピリピリ…自民が野党の質問パネルに「不許可」連発
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175398
日刊ゲンダイ

☆もんじゅ廃炉費用に3000億円、原発の数倍に!ナトリウムを取り除く技術は無し!廃炉の見通しも不明!

☆湾岸諸国、イスラエルの核でイラン攻撃の可能性。
https://www.rt.com/news/332474-israel-gulf-states-nuclear/

☆金融アナリストからの警告:今年10月前には金融市場が崩壊する!!!
※情報源
http://beforeitsnews.com/economy/2016/02/its-going-to-get-ugly-by-end-of-feb-what-we-are-witnessing-is-the-calm-before-the-storm-dollars-bonds-are-not-a-safe-haven-videos-stephen-lendman-bo-polny-2797462.html

☆[FT]効き目を失うマイナス金利 試される日銀
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO97328220W6A210C1000000/?dg=1
ファイナンシャルタイムズ

☆中国:商業銀行の不良債権、10年ぶり高水準に-不良債権比率も上昇
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O2M98C6KLVR501.html

☆ハイパーインフレのベネズエラでは食料がない
http://www.silverdoctors.com/venezuela-is-out-of-food/

☆また「自民2回生」…山田賢司議員の元秘書が練炭自殺か
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175341
2016年2月16日 日刊ゲンダイ

☆日本(急増している女性の梅毒患者)
NEVADAブログ
———————————————-

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link