それで結局どうなってしまうんだい

今朝の天気は曇、予報通りですね、明日朝からは気温は下がり雨~雪に変わるようだ、北海道の北東には低気圧が居座ったままのようで、大陸には高気圧が張り出している、なんだか北と南の空気が競い合っているような、そんな気がするが、これって春の兆しといって良いのだろうか?そういえば今朝のラジオでは庭で蝉の幼虫がいたとか、カエルなども地面に出てき始めたとか、さて今年って、良いことが訪れるのだろうか。

 さて、“口利きワイロ疑惑”発覚以降、雲隠れしている甘利明前経済再生相(66)。睡眠障害で1カ月間の自宅療養が必要・・・なんて言っているが怪しいものだ。このまま国会に姿を見せず、事態が沈静化するのをジッと待っているのだろうか。
 TPPはやはり問題があるようだ、TPPという主権喪失~日本の国益を売り渡す「売国」のカラクリと三橋貴明さんが伝えている。
◯TPPのここが「売国」
(1)~関税自主権の喪失
(2)~TPPが発効したとしても、日本の対米輸出が短期で増えることはあり得ない
(3)~「投資」に関する「内国民待遇」が協定文に入っている
http://www.mag2.com/p/money/7326

甘利氏の自宅マンションは応答ナシ。議員宿舎で療養している可能性はゼロ。となると、首都圏の高級ホテルか、VIP用の個室が用意された都内の大学病院だろうか。それとも誰からか現世から遠ざけられているのだろうか?
 首相に迷惑をかけたと言って気にしていたが、睡眠障害がもとで別の病気になったりしないように周りは注意した方がいいのではないだろうか。
 野党は、甘利氏と2人の秘書の証人喚問を求めているが、さていつでてくるのだろうか。

 つぎは海の向こうの話だが、米大統領選トランプ氏またも大差勝利で共和指名争い2連勝だったそうだ。
 トランプさんというとロシアのプーチンさんへ手紙を出したらしい。
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12130206064.html
内容は上のURLから閲覧してほしいが、とんでもないことがのっています。
これを読むと日本の国で行われている事なんてまだまだに思えてしまう。
 トランプ氏とプーチン氏とはあった事は無いようなので、プーチン大統領に宛てての紙が「ダーク・ユーモア」を狙ってのことかは完全には理解できないが、プーチン大統領がトランプ氏からの手紙を受領して24間以内に、アメリカ最高裁判事のアントニン・スカリア氏が予期せぬ突然の死を迎え、その後にアメリカ大統領選は混乱とカオスの中に放り出されたということは確実である。
 そしてアントニン氏が亡くなった場所は・・・テキサスであったという。

 クリントンさんもがんばっているが、アメリカの国って本当はどうなっているんだろうか。

 2月15日の国会で、あべさんが「株式市場への運用悪化なら、国民への年金の減額もあり得る」と答弁これはインパクトがあったようで、今まで政治に無関心だった友人も「えっ?年金でギャンブルやってんのか?」と、やっと気がついた。
 公的年金の積立金は保険料を納めてきた国民の資産だ。積立金を運用する目的は「被保険者(加入者)の利益のため」と法律に書いてある。GPIFは「安全かつ効率的に」運用しなければらない。株式投資の比率を高めることは安全な運用に反する!!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link