小惑星や小惑星群が地球に接近中・・・

霧にむせぶ夜という言葉がぴったりの朝、これだけだと「春ですねえ」というほっとできる日がやっと来たという感じなんですが、ラジオで聞いていたら東京の桜は三月中に満開になるかもという情報もあったし、はてこのまま過ごしやすい春爛漫がきてくれるだろうか。地球規模で見た場合アチコチの異常気象は相変わらずである、今朝まで来ていた情報の中に、ペルーでエルニーニョによる歴史的な大雨による壊滅的な洪水が発生しており、大雨は3月いっぱい続くと見られるという、これは地球の記録で伝えているのだが、「ノアの大洪水が発生か・・・→惑星X(ニビル)接近で、ノアの大洪水が再現される」なんて書き込みも・・・
一部転載します・・
ペルー全土の各地でエルニーニョによる大雨で5名が死亡
エルニーニョ現象に起因する豪雨がペルー全域でインフラを破壊し、また、首都リマから全国にサービスを提供する主要な高速道路を麻痺させた。
現在のエルニーニョ現象そのものは、特別珍しい出来事ではないが、そのために、ペルーの北部、南部、そしてジャングル地域が大雨に見舞われている。
大雨によりあふれた河川の水は、家屋を破壊し、数十万人が影響を受けた。また、ペルーの全国で、洪水による道路の閉鎖が相次いでいる。
この洪水によって、アプリマクで地滑りで3名が死亡。
クスコの農村部でも2名が地滑りで死亡した。
ペルーの気象学者は、「大雨の状況は3月を通して続く見込みです。降雨量は歴史的な水準に達する可能性があり、1997年から1998年夏にかけてのエルニーニョの時の大雨より降水量が多くなるかもしれません」と述べている。
北部の都市トゥンベスでは、2日間で1か月間で降る量の4倍の雨が降り、8000エーカー(約3200万平方メートル)以上の面積で作物が失われてしまった。
これまで干ばつで作物の被害が出ていたアレキパでは、今度は予想外の豪雨で、1400万ドル(約17億円)分の作物を消失した。
首都からペルー全国に食料を配送しているペルー中央高速は地滑りで閉鎖された。
再開の見込みは立っていないが、他のルートで配送が可能であり、今のところ食料供給に影響は出ていない。
 う~~ん、惑星X(二ビル)については以前から何度も情報が出てきているがほとんどは「デマ」「ガセネタ」と言われてきて、今度も?かもしれないけど、こんな事がでてくるとねえ、何か今までとちがうような・・・
接近の影響か…次々に小惑星や小惑星群が地球に接近中・・・
twitter情報より
小惑星群が地球に超接近。
2016DV1は、
http://thewatchers.adorraeli.com/2016/03/02/newly-discovered-asteroid-2016-dv1-to-make-a-very-close-fly-by-of-earth-on-march-3-2016/
203TX68は
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3466462/Phew-Nasa-says-March-8th-asteroid-TX68-pass-three-MILLION-miles-Earth-buts-admits-s-one-250-million-chance-hit-2017.html

=大自然が狂い始めた=
モスクワは3月としては50年ぶりの大雪
http://sputniknews.com/russia/20160302/1035655235/spring-welcome-snowstorm.html

東地中海沿岸の干ばつはこの900年で最悪の水準
http://news.discovery.com/earth/eastern-mediterraneans-drought-is-worst-in-900-years-160301.htm

アラスカと北極圏が暑い=ワシントンポスト報道
https://www.washingtonpost.com/news/capital-weather-gang/wp/2016/02/23/as-the-arctic-roasts-alaska-bakes-in-one-of-its-warmest-winters-ever/

何か地球規模で異常なことがおこっているように感じるのだがいかがだろうか。

そして、太陽活動の影響か、それとも地球磁場が弱くなっているというのがそんな影響か、地球文明もなにやら不穏な状況に陥りつつあるのではないかという。
「日本や地球や宇宙の動向」よりの引用だが
世界中がきな臭くなっています。世界の120ヶ国がほぼ同時に軍事演習を行っています。大戦争が勃発する地域は、中東、南シナ海、朝鮮半島、北極、北欧、アメリカなどでしょうか。日本も、中国の脅威に警戒が必要と思います。
世界の多くの国々がNWOの世界戦争ゲームに駆り出されています。もし中国に核爆弾が使われたら….日本などはたまったものではありません。
世界はかなり不気味になってきています。金融市場が崩壊すると同時に各地で戦争が勃発するのでしょうか。
戦争勃発の時期と金融市場の崩壊の時期を同じくするために、今のところ株価を上げて調整中なのでしょうか。
アメリカの経済が回復基調であることが示され、株価が反発していますが、これは全くの嘘でしょう。株価を上げるためにこのような嘘のデータを流しているのでしょう。

さらに、今月末ころにはニビルが地球に接近することで地球に何等かの影響を及ぼすとも言われています。
世界の人々が何も気が付かないうちにドンパチが始まってしまうのでしょうか。NWOの好き勝手にはさせないためにも、なんとかうまく収束してもらいたいものです。
<詳細は 日本や地球や宇宙の動向 でご覧ください>

 こんななのに、この国は相変わらずのぼけが続いていますね。
原発も高浜が記者公開までして運転員が開始の操作をしたところ、警報が鳴って冷温停止、福島も5年も経ってからメルトダウンの定義が見つかりましたなんていいだしたり、これってなんで今?
 そういえば私の所は新潟県長岡市で柏崎原発までは限りなく近い、そんな地区だが今朝新聞チラシでこの4日~13日まで駅前にコミュニケーションブースなるものを設置するんだそうだ。けれども原発の安全対策を説明すると言ってもね、私から言わせていただくと原発じゃなくて、放射能に対しての安全対策はどうかと言うことなんだけどね。
 ようするに放射能は今の人類にはコントロールできないと言うことがわかっているわけで、近寄らないことが一番の安全対策だと思うんですけどね。
 国会を見ていてもすでに国民との溝が深すぎて、まったくどこの国の国会だと思いたいくらいで、先日も「保育園落ちた日本死ね」ブログに安倍首相「本当か確認しようがない」、国会では「誰が書いたんだよ」などのヤジがでたり、これ一つ取ってもこんな連中に投票なんてするはずがないはずだけどね、どういうわけか連戦連勝で、おかしいね。やはりこれを解決するには「投票率100%」にするしかないでしょう。
あの与党だって選挙が近くなったもんだから、「俺たちは違うんだぞ」とアピールし始めてるんだけど、おかしいですね、結局私たち国民はどうにでもなる存在とでもおもわれているんではないですか。
 また、今の首相は自分の政権のうちに改憲をしたいと言いだしたし、もし内閣で勝手にこの国を牛耳るような事ができるようにされてしまったら、今の日本国憲法では元首に関する規定を設けていないため、誰が元首か、いまだ国民的合意に至っていませんが、大日本帝国憲法下では第4条で天皇を元首と定めていました、もしかしたらそんな国家元首制が確立されてしまうことになってしまうのではないか。

 私たちの意思が反映できる今のうちに何とかしないと、いけませんね。

Sponsored Link
Sponsored Link