崩壊するのだけはこらえなければ・・

すこし肌寒いかな、と感じたが良い天気になりました。
すでに満開も過ぎて散りゆく桜を楽しんでいる方もいるでしょうが、ここ長岡は昨日から悠久山の観桜会が始まりました、夕方のニュースでは7分咲きというので、見た感じはもう満開といっても良いのかも知れません。

情報があったので見ると、もう満開になってますね。
昨年と比べると1週間早い満開のようですよ。
さあ、そうなると来週末というと遅くなるんで、ここ2、3日中にみにいかないと良いとこが見れなくなりそうですね。
しかし、昨日夕方になってから30分ほど町内を回ってみたが、桜だけでなくいろんな花が咲き、春爛漫の様相になってきています。

そういえば我が家の玄関にある水仙もそろそろ咲きそうですし、バラの花もけっこう青葉を茂り始めている。なんだか私がインフルエンザにかかっているうちに季節は随分と進んでしまっていたという感じです、あれっそういえばやっと楽になってきたようだ。
このままインフルエンザは抜けてほしいなあ。
けれどもまだ憂鬱な気分はなくなりませんねえ、これは私の周りの環境に関係があるのかな、そういえば最近わが娘は私が入った風呂に入りたがらないんだけど・・・
随分昔にそんなことを聞いたことがあったような、しかし私がそう思われるなんて事は、すごいショックでして・・・
夕べもそんなことで、「風呂に入った?」と聞いてきたので「汚い人は風呂に入りません、家には私が入る風呂はないから・・・」これではいかんね、とおもうけど、みじめだね。
”娘が年頃になっても「パパ嫌い」と言われないたった一つの秘策”というサイトがありました、けっこう悩んでいる大人も多いということですね、考えて見ると年の離れた子どもが二人いるが彼等の子育ての時は私は仕事が忙しく妻におまかせしっぱなしだったのでなにもわからなかったということだったのかもしれない。当時と比べると、今の娘の場合は妻といるよりも私といる時間が長かったので、それも関係あるのかも知れない。しかし本人はたいしたことを言ったつもりではないのだろうが、こちらとしてはけっこう大ショックだったことは確かです。
風の流れが変わるまでガマンするしかないのかあ、しかし何となくよそよそしくなってしまっているのはまずいねえ。
まあ、いまのところ、まだ「パパ汚い」「パパ嫌い」とかとか言われていないから、がんばろう。

さて、昨日はTPP国会中継のはずだったのに、なんで?
公共放送の秘密のルールが働いたのか?なんと政府に都合の悪い国会中継は中止できるって、本当なの?
http://www.news-postseven.com/archives/20160408_399588.html
週刊ポスト2016年4月15日号
NHKの国会論戦ニュースに、「必ず政府側答弁で締めないといけない」という“暗黙のルール”があると指摘したのはジャーナリストの大谷昭宏氏だった。3月24日、高市早苗・総務相の「電波停止」発言など安倍政権による報道機関への圧力に抗議する岸井成格氏(毎日新聞特別編集委員)、鳥越俊太郎氏ら5人のジャーナリストが外国特派員協会で緊急記者会見を開いた。その席上、NHKの報道姿勢が俎上にのせられたのだ。
岸井氏が「(NHKは)いつも最後に政府与党の言い分をくっつける」と批判したことを受け、大谷氏が“ルール”の存在を明かした。大谷氏が改めて語る。
「国会論戦では、持ち時間がなくなった野党議員が最後に厳しい政府批判をして質問を終わる場面がしばしばある。NHKではそうした場面は編集でカットし、政府の言い分で終わらせている。それが報道局や政治部の方針だと内部から聞いています。政府側が野党を論破したように印象操作するための内々のルールではないか」(NHK広報局はルールの存在を否定)
ちなみに大谷氏らの会見は新聞、民放各局が報じる中、NHKだけは取材にも現われなかったという。「さもありなん」の内部ルールだが、これはほんの一部。他にも「秘密のルール」はある。

ここまでだったとは、と思ったが昨日の場合はちがうようだ、役者はそろっていて、野党が何を言おうと与党の思うがままに進めているようだ、これはダメだよ。
こんな国会はないし、大臣は答弁できないし、こんな国はダメだよ。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=45744&media_type=
結局の所TPP特別委員会の二日目も国会は大荒れ!石原TPP担当相の答弁に野党が激怒し、民進党は退席、午前の質疑は打ち切りとになったと言うことだ。

☆元農水相西川公也氏の著書『TPPの真実』巡り国会中断 Amazonからは削除
安倍首相「いま初めて知った」

☆「年金の損失も隠す。隠す、隠す、隠すの安倍内閣ではないか」野党が追及
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/07/gpif-shinzo-abe-election_n_9640178.html?utm_hp_ref=japan

☆甘利明元大臣から石原伸晃大臣への引き継ぎ作業、電話で簡単に済ませていたことが判明!石原氏は何も知らない?

こんな国に誰がした。そして誰が得するんだ。
これじゃあ徳川時代に行われた不平等条約とおなじなんじゃないの?

不平等条約とは:
欧米諸国がアジア諸国に強要した、権利において不平等な通商条約。
アヘン戦争の結果、中国清朝が、1842年にイギリスを始め、アメリカ、フランスなどと結んだ南京条約および追加条約以降の一連の条約は、いずれも中国側に不利なものであった。その内容は、
(1)外国の領事裁判権(治外法権)を認めていること。
(2)関税自主権が無かったこと。
(3)片務的な最恵国待遇を認めていること。
の三点に要約される。
なお、幕末の日本がアメリカと締結した日米修好通商条約など一連の条約、
明治日本が隣国朝鮮に押しつけた日朝修好条規(江華条約)も同じような不平等条約であった。
不平等条約を締結していることは、国家としての主権が完全ではないということになるので、半植民地状態にあるということができる。
条約改正は中国や日本、朝鮮などの近代国家の自立に不可欠な課題となった。
戦後70年を過ぎ、新しい同盟ならともかく、真っ黒黒の秘密の同盟なんてありえないでしょうに、またこれをよしとして右ならえになっている人達も、どうするんだろうか。
なにをしようにもすでに結論ありきということだろうか。

そうなると、頼みはあの国とあの国しかないと思うのだが、気になるのが「パナマ文書」の波紋では、なぜ今なのだろうか、おかしいね。
けれども、すでにタックスヘイブン利用者として約400人の日本人が浮上しているし、パナマ文書には日本の企業や個人の名前が続々だというのだが、日本は調査しないとか? 世界の「地下経済」 タックスヘイブンを動かす闇のからくりがあばかれてきて、不可解なのは、世界の企業や大富豪が、こんな小さな島の電話しかない「銀行」に何億ドルも預金するのはなぜかということだ。
その答は、現地の弁護士が教えてくれた。「実際にはそんな銀行は存在しない。キャッシュもケイマンにはないんだよ」。実際の取引が行なわれているのは、ニューヨークのウォール街とロンドンのシティのコンピューターネットワークで、「デリバティブ」と称する金融商品でケイマンの証券のようにみせているのだ。
だからケイマンの金融機関の経営者にも、シティの銀行を退職した貴族や大蔵省OBなど、シティの関係者が多い。もとはイギリスの植民地だったので当然だが、正体不明の銀行の多くはシティのダミー会社であり、プーチンや習近平の親族の資産も、実際には英米の投資銀行にあるのだ。 タックスヘイブン自体は違法ではないが、アップルの海外法人がこういう仕組みを利用して利益の1.8%しか納税していないことが議会で批判を浴びた。また、こういう銀行に預けられるのは犯罪や汚職などによって得られた資金のマネーロンダリング(資金洗浄)であることが多い。
(中略)
世界の金融資産の1割は、こういうタックスヘイブンに隠された「地下経済」にあると推定されている。

どうなっちゃうんだろうか<円ドルが100円ダウン>になり伊勢志摩サミットがあるが、持病の方は大丈夫なんだろうか。



<気になる情報>
☆NHKの幹部が、当時、官房副長官だった安倍晋三さんたちに会い、そのあと番組がすっかり変わりました。その時、NHKの幹部から指示を受けたのが‥‥
【スピーチ全文掲載】「NHKよ、安倍さんがそんなに怖いのか!」――元NHKプロデューサー永田浩三氏が渋谷・NHK前で魂の訴え!かつて安倍総理の介入で慰安婦番組をねじ曲げられた過去を暴露!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/259892

☆安倍が選挙に負けて、それで選挙直後に巨額損失を公表することになったらどうする気だろう?もうみんな逃げ散ったあとか(大笑)。要するに負けたら死あるのみ。
年金運用、今年は参院選後に公表? 民進党「損失隠し」
http://www.asahi.com/articles/ASJ47575NJ47UTFL003.html?iref=comtop_list_pol_n03

☆GPIF、民進党の試算では、国内債券で2兆6000億円の利益が出たが、株式は株価下落の影響で「6兆8000億円の損失」、外国債券も「5000億円の損失」となった。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000086-mai-bus_all

☆NASAの学者達 地球にとって潜在的に危険な8つの小惑星を発見
http://jp.sputniknews.com/science/20160406/1912684.html#ixzz458ltPUSm
NASAは、ここ2年間の太陽系小天体のサーベイ・ミッション「NEOWISE」の活動の成果について報告した。この間、広域赤外線探査衛星は、潜在的に危険な物体のグループに属する8つの小惑星を発見した。NASAのサイトが明らかにした。

☆サウジとイランの戦争勃発なら日本経済はどうなるか?
週刊ポスト&セブン

☆イスラム国が次の大規模テロを予告へ!欧州の都市を写した映像を公開!「ロンドンかベルリンあるいはローマ」

☆【緊急警告】もうすぐ神奈川県が北朝鮮に核攻撃される!?米軍が認めたNo.1超能力者の「透視スケッチ」が完全一致!
http://tocana.jp/2016/04/post_9382_entry.html
トカナ

☆安倍自民が苦肉の策【参院東京】乙武クン消え 〝安倍首相のお友達〟渡辺喜美まさかの擁立 栃木票とバーター作戦 不起訴になったとはいえ、8億円借り入れ問題による善美のマイナスイメージは、払拭されたとは言い難い(日刊ゲンダイ)

☆中国は世界のマネーロンダリングセンター?=米メディア
http://www.epochtimes.jp/2016/04/25480.html

☆米国が導く円高、ドル100円割れあるか
http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-daisuke-karakama-idJPKCN0X40OZ?sp=true
ロイター

☆舛添都知事 1000万円超かけた2泊3日ソウル出張の中身検証韓国人学校問題の発端も…http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160407/frn1604071900009-n1.htm

☆国会議員、不倫・買春続出でも年間報酬4千万円!バカ政治家を生む日本の異常な選挙
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14606.html

☆霞が関役人専用の「特権保育所」 セキュリティ万全で安い
http://www.news-postseven.com/archives/20160407_399993.html

☆安倍首相がTPP交渉の情報開示を拒否!国会に黒塗り資料持ち込みも!安倍首相「出せぬものは出せぬ」

☆安倍首相の発言に批判殺到!「TPP断固反対と言ったことは一回もございません」

☆本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相のレッテルは、「真っ黒、黒助安倍晋三首相」、カラダ全体が「秘密」により疑惑で「黒塗り」だ

☆発言裏目で円急騰安倍首相“自爆”が招くアベノミクス終焉
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/178913
日刊ゲンダイ

☆28年振りの異常
Byglobaleye|2016.04.0808:53
2015年度の外人の売り越し額が5兆1025億円と28年ぶりの規模になったと発表されています。
これが世界が日本を見る目の結果なのです。
日本人はまだ気づいていませんが、日本は「売り」と判断している外人が多く、その具体的な数字として28年ぶりの売り越し額となっているのです。

☆原発シンドローム
twitter情報より
【米国もフクシマなど14県の日本食品の輸入停止を継続】
詳細→http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/pdf/150424_2-01.pdf
青森、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、新潟、山梨、長野、静岡(14県)

☆バヌアツの法則が発動か?バヌアツで地震連発、7日間で17回も地震を観測!M6.9を筆頭にM6.7、M5.9、M5.3等など!

☆強いドルのトレンドはほぼ終了-PIMCOのクレッシン氏
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-07/O5ABRI6KLVR401

☆パナマ文書の暴露でヒラリー・クリントンは終わりか。
http://www.zerohedge.com/news/2016-04-07/yes-panama-papers-could-really-end-hillary-clintons-campaign

☆スキャンダル隠し!衆参ダブル選の姑息〈これでいいのか?「消費増税」はじめ難題全部先送り〉(週刊文春)
2016年4月7日発売号
これでいいのか?「消費増税」はじめ難題全部先送り
▼甘利「金銭授受」菅原「愛人とハワイ」大西「巫女暴言」国会欠席
▼「生んだのはあなた」安倍盟友山田宏候補は妻と法廷闘争
▼官邸に温度差安倍麻生解散前のめり菅は「リスクが高い」
▼年金5兆円損失公表ゲス宮崎妻金子恵美復帰も先送り

☆《特報》「地球の生命は宇宙で作られている」ことがほぼ確定—発見の最後の砦だった「RNA(リボ核酸)」が宇宙空間で形成され得ることをフランスの研究チームが発見したことにより「地球の生命の構成要素がすべて宇宙に存在」することが確実に
http://indeep.jp/life-on-earth-was-started-by-comet/


————————————–

Sponsored Link
Sponsored Link