何だか不安で憂鬱

憂鬱な朝です、今朝は配達をおえてから裏で可燃物のを少しだけ焼却した、住宅地であり、隣とも近接しているので結構気を遣う。昔はさほど気にしないで日中でもやっていたが今は焼却炉があってもよそ目を気にしなければいけなくなってしまったというか、よほど広い敷地がある家でなければできなくなってしまった。
防災上のことを考えると当然のことだが、ちょっとしたゴミもみなゴミ収集に出すようになってしまって、それは環境上もよろしいんだろうが、我が家の場合捨てるのが嫌いで、そんなことで庭のアチコチにゴミもどきがあるわけで、今年こそはと思いながらずるずると、ゴミ屋敷と言われるところも最初はこんな所から始まるのかも知れないね、今年はかたづけ「ます」。
 「ます」について:もう20年も前の話だが福岡の原さんという方の講演を聴く機会があり、記憶に残っていることがあります。「鯛」は「鱒」よりも高級魚だが、これから何かを事なすときには「たい」より「ます」がいいのだという。
「○○やりたい」では希望になるが、「○○やります」になるとすぐやる気満々ということのようでした。
 忘れていましたね、私も今年は「たい」ではなくって「ます」でいきます、といっても「何をやりますか?」そこが問題でしたね。考えます。
 そういえば娘を送ってきて書き込みを始めたが朝の頃から比べると頭の方もすっきりしてきました、コーヒーのせいだろうか?
それもあるかもしれないが、宇宙の天気を確認したら、SDO衛星の極端紫外線の画像(AIA211)によると、太陽面低緯度の西45度付近をコロナホールが通過中とか。
このコロナホールの影響が昨日から本日にかけて到来し、地磁気がやや乱れる可能性があるといっており、地磁気活動はやや活発な状態が予想されていたので、この関係もあったのかも知れません。
しかし、天気予報というと今までは地上でのことだけだったが、今や観測衛星の関係で宇宙の状況まである程度わかるようになっている。
コロナの爆発などをリアルに見るとびっくりだが、何も知らないでいるよりは事前に把握していれば直射日光に当たらないように注意もできるので便利ですね。
そうはいってもとんでもない情報だけはほしくないんですが。
<国立研究開発法人情報通信研究機構 宇宙天気情報センター>
 さて、沖縄でまたおきた米軍属による20歳女性の殺害事件ですが、なんと政府関係者は、「最悪のタイミング」と述べているそうですが、国民が他国の関係者に殺害されているのにこの言い方はなんだろうか。だから「やまとんちゅ」と呼ばれるのではないだろうか。
「うちなんちゅ」はこれ以上だまっていないのではないでしょうか。
<社説>米軍属女性死体遺棄 日米両政府に責任 防止策は基地撤去しかない
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-282393.html
(琉球新報)

 次に九州方面の地震ですが19日17時21分頃に豊後水道でM4.1震度3が発生していました、その後も熊本方面だけでなく山梨県東部・富士五湖や沖縄本島北西沖、和歌山県北部、鹿児島県薩摩地方と揺れ、昨日夕方は宮城県沖、遅くなってから択捉島南東沖、大分県中部、トカラ列島近海と規模は小さいが熊本の他に広範囲に揺れているように思えます、これがすべて独立したものか、中央構造線が関係しているかは不明だが、サミットが近付くときにこれこそ困ったもので、一寸先は闇で何がおこるかわかったものではない。相変わらずこの国は原発は止める気は無く川内は稼働しっぱなしでhttp://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-2841.html、いったい事があったらどうするんだろうか。
責任をとる気のある人はいないのだろうが、そんな無責任体制で本当にいいと思ってるんだろうか、私らは電気が足りなければガマンするけどね。
 実際にあのオイルショックの時は国民全員が協力してエネルギー危機を乗り切っている。今の時代はできないなんてことはないはず、しかも今は自然エネルギーを利用した発電設備もあるわけだから、人って経験で利口になるはずなんだけど「お足」が関係すると思考停止になるって事かな。
 だけどねえ、原発再稼働で日本は終わるってツイートもありますけど・・・・



<気になる情報>
☆安倍政権が米軍関係者逮捕に不満!選挙への影響も懸念!政府「オバマ大統領が来る直前は最悪のタイミング」
オバマ氏訪日と参院選前…政府「最悪のタイミング」(2016/05/1917:00)
URL http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000075172.html

☆ロイター.co.jp
金融政策が限界だから再び財政にシフトでは、日本は本当に危機の臨界点を試してしまうhttp://bit.ly/1TgW6RI──コラム:#ヘリコプターマネーの危険な誘惑=河野龍太郎氏

☆国外では侵略、国内ではファシズム化を目論む安倍政権は地震やスポーツ選手の事件で目眩まし(櫻井ジャーナル)
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605160002/

☆パナマ文書=市場経済の金モウケ主義を問題化せず、脱税だけを取り上げる偽善
オルテナティブ通信

☆“舛添包囲網”いよいよ狭まる 刑事告発の危機…住民監査請求は行われるか-ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160518/dms1605181140006-n1.htm…@zakdeskさんから

☆フランスメディアが報じた「メディアを支配する電通のヤバイ12の真実」
http://netgeek.biz/archives/73535

☆外資の撤退(53店舗閉鎖)
Byglobaleye|2016.05.2010:55
米衣料品大手ギャップは、リストラの一環として、カジュアル衣料店「オールドネイビー」の53店舗すべてを閉鎖して日本から撤退すると発表しています。
2012年に日本に進出して4年余りで撤退することになったものですが、事業の中心は<中国・メキシコ・北米>となるようで、中国は引き続き展開するとなっています。
今、値上げしたユニクロの苦境からもわかりますが、日本の低価格帯ファッションは大きな転換期を迎えており、日本人の目はより低価格に向かっており、中堅のファッションは売れなくなってきているのです。
今後、日本は主に外国系の「高級」とスーパー系の「低級」の2つしか生き残ることが出来ない市場となるでしょうが、ワールドのように大急ぎでブランドの整理・店舗の閉鎖を進めいち早く黒字に転換したころもあり、生き残りをかけて世界的にリストラが始まることになります。
銀座に長年ありました日本の高級婦人服専門店も銀座から撤退しており、チェーン展開をしています大手すし店も銀座で一店舗閉店をしており、経済の異変に気付いた企業はいち早くリストラを行っています。
ニューヨーク、東京の「異変」を見ていれば今の景気が良いのか悪いのか統計を見なくてもわかります。

☆身内企業へ193億円自民党の“血税還流”は舛添氏も顔負け(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181753

☆なぜアメリカの優秀な若者は大企業で働かないのか?(ファッションスナップ・ドットコム)
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2016-05-14/us-work/

☆<世界の大不況>悲惨な惨状….
※情報源
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/05/crisis-spreads-to-china-australia-brazil-canada-sweden-61-3355001.html
CrisisSpreadstoChina,Australia,Brazil,Canada,Sweden


——————————

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link