気になるSyuumatu

この時期に台風が一気に3個も、これはいったいどういうことだか、台風11号は三陸沖を北上し、今夜には北海道に上陸する恐れがあります。北海道は雨が続き、記録的な大雨になる所があるとか、河川の氾濫や土砂災害に警戒が必要です。また東北も所々で雨や雷雨があり、太平洋側は風が強いといいます。これからの予報では全国的に太平洋側が強い雨になるようです。関東は日中は晴れ間も出ますが、夜は広く雨や雷雨になるようです。
また、台風10号は、西に向かっているんだが、通常は偏西風(ジェットストリーム)があるために、日本から台風は西に向かわないはず。東北にあったゲリラ豪雨の雨雲が、西に向かっているし、常識ではあり得ない事態が起き始めているのだろうか。
富士山ニニギさんはまもなく地球の自転が止まるかも知れない、なんていってますけど、そんなことになったら???

 さて、三陸沖でやや大きな地震が頻発しております。東日本大震災の震源域でもあり、小規模な地震も連発中だという。
三陸沖を震源とする「M5.2~6.0」の地震が相次ぐ…昨日から既に5回も
平成28年08月21日01時15分 21日01時10分頃 三陸沖 M5.5 震度2
平成28年08月21日01時02分 21日00時58分頃 三陸沖 M5.9 震度3
平成28年08月20日22時26分 20日22時23分頃 浦河沖 M4.1 震度3
平成28年08月20日18時06分 20日18時01分頃 三陸沖 M6.0 震度3
平成28年08月20日14時20分 20日14時15分頃 三陸沖 M5.3 震度2

この流れはいやな感じ、アウターライズなどの余震と言うより割れ残りか。三陸沖、東北沖~北海道、三陸沖で群発気味なのでご注意ください。電離層も北日本で高め傾向が出ています。
 この情報は7月末にでているものですが、「M7超クラスも・・・専門家が警告する「南関東&岩手沖」大地震」
http://news.livedoor.com/article/detail/11817448/
これは、数々の地震予知を的中させてきた電気通信大学名誉教授で早川地震電磁気研究所の早川正士氏が語ったことですが「1週間先の短期的な予知なら可能です。気をつけてほしいのは、沖縄や小笠原諸島などの南方沖と、岩手県などの太平洋沖です」

 時は「今の時代は人類の過去5000年の終わりを示す頂点」にいるということ(In Deep)今という時代は「過去 5000年の経済活動の中でも特別に奇異な時」だということが明らかになっているのでした。

「5000年」という区切りの最期の頂点にいるという実感の意味

この、「過去 5000年」
という区切りは、いろいろな意味で、今まで考えてきたことでもあります。
過去 5000年という時代は、今話題にしています「金利」なんてものが出てきたことでもわかるように、この 5000年間は、「物質至上主義」が成長してきた地球の歴史でした。

「お金がたくさんある=物がたくさん手に入る=幸せだ」

という、現代社会にまで続く(実は誤っているけれど、誰も疑わない)概念です。
しかし一方で、たとえば、御嶽山が噴火した 2014年に書きました、
・御嶽山の噴火やマヤカレンダーが示した「 5000年間」という時代の区切りに「日本神話の根源神」は何を私たちに示そうとしているのだろうかと考えるl
 2014/10/06 

の中で「 5000年という時代の区切り」について記したことがありました。

たとえぱ、今ではすっかり話題に出ることもなくなりましたが、マヤ文明のマヤ暦では、260日を一周期としたツォルキン暦、365日を一周期とするハアブ暦、そして、「長期暦」の3つの暦を用いており、このうちの長期暦は、「紀元前 3114年8月11日に置かれた基準日からの経過日数で表されている」
ものです。

そして、ここでは意味は省略しますが、マヤ文明では「 13 」という数字に特別な意味があり、比較的長い期間を示す単位に「バクトゥン」というマヤ文明の単位がありますが、この「1バクトゥン」は 394年となっていて、そこに、マヤ文明のサイクルとして重要な 13回目のパクトゥンが来る時が、

394年×13(マヤ文明の重要な数字)= 5112年

となるわけで、マヤの長期暦が始まった「紀元前 3114年から 5112年目は 2012年」となり、例の「 2012年、この世の終わり説」もそこから出ました。
2012年の具体的な日付けはともかくとして、マヤ文明がその神話の時代から歩み始めたのが約 5000年前ということになります。
そして、彼らが「この世が終わる」としたのが、それから約 5000年後の・・つまり、「今でしょ」(あーイラつく)ということになるのだと思います。
そして今は、おそらくその「終わりの時代の渦中」にあると、少なくともマヤ文明の概念からは今でも言えると思います。
他にも、5000年というような概念は、2012年以前は、よく出ていた話題でした。

気づかないだけで、徐々に人類は変容しているのかもしれない

やはり、マヤ暦を研究していたスウェーデンのカール・コルマン博士も、以前は、人類の過去 5000年のことを述べていました。
2009年5月27日のヤスの備忘録の記事「コルマン博士主要論文全訳」では、2004年のコルマン博士の論文を翻訳していて、その中に、
過去5000年間、経済成長は人類史のメインテーマであったが、それは特にプラネタリーアンダーワールド(1755年~1999年まで)の盲目的な意識が一般化した時代にとことん加速し、これとともに人口も増加したのである。
という部分があります。
つまり、この 5000年間、人類は経済成長を目指して文明を発展させてきたと。
他のこと(意識とか精神とか真の宇宙とか)はそれほどの問題にはしなかったと。
その時代に生まれた私だからこそ、この時代はそういう時代だと断言できます。特に、世界でいえば過去 2000年、日本でいえば、戦後の 70年間はものすごいものだったと思います。

しかし、コルマン博士の 2004年のこの論文では、上に続いて下のように書かれてあります。

だが、意識の統合とバランスの回復がテーマとなるギャラクティックアンダーワールド(1999年1月~2011年10月28日)では、経済成長と人口の増加を希求する欲求そのものが消失してしまうのである。
この意識変化により、われわれ人間は、地球環境や地球上に存在するあらゆるものを、これまでのように左脳の計算によっていかようにでも収奪が許される生命のない単なる物質として考えることはできなくなる。

「プラネタリーアンダーワールド」とか「ギャラクティックアンダーワールド」という言葉はコルマン博士の造った言葉で、要するにそういう名称の「期間」ですが、いずれにしても、その期間に、つまり、
> 1999年1月~2011年10月の間に、われわれ人間は意識的に変容する
と述べていたのです。

しかし、ご存じのように、人類も人類社会も、その期間に本質的に変わったとは思えません。
私は、このコルマン博士の言葉に当時、ずいぶんと期待を持たせていだたきました。それは今でもあまり変わりません。

この期間にはなし得なかったかもしれないけれど、これから、そうなるのかもしれないですし。
・・・あるいは・・・もしかすると、1999年~2011年の期間に何もなかったと思えるのは、それは社会の表面的なもので、
「それ以前に比べれば、1999年1月~2011年の期間に意識が変容した人が増えた」のかもしれない
と思っています。

その理由は、日本人なら特にそうですけれど、私たちは 2011年に東日本大震災を経験しています。

この出来事は、震災の規模というものを超えて、どれほど日本人にとって大きなものだったかということを説明することが難しいほど大きなものだったと思います。

被災したとか、しなかったという意味ではありません。

「日本人として日本に住んでいて、東日本大震災を経験した」という意味です。

少なくとも私自身は、あの直後からしばらくは、「別の人間」になりました。

http://indeep.jp/break-with-the-past-5000-years-and-a-new-journey-of-the-human-race/


<気になる情報>
☆地軸の揺れ  2016年8月20日(GFLサービス)
http://www12.plala.or.jp/gflservice/EarthAxisWobbling160820.html

☆南大西洋のサウスジョージアでM7.4の地震!M5クラスも複数回発生、津波などの影響はなし

☆未確認チャネリング情報
GFLサービ ス  たきさんのホームページ
http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html

☆日本のマスコミは次期米大統領選にてトランプ支持率が急落していると報じているが、それではヒラリーが勝利するのか:混乱の原因はすべて、米国民が米国戦争屋の悪行に気付いたことにある!(新ベンチャー革命)http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36147131.html

☆「相模原19人殺し」は安倍内閣の指示だった!?(simatyan2のブログ)
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12191714002.html
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12184564272.html

☆来年の経済成長率、日本政府だけが高め
twitter情報より
2016.17年度の経済成長率の民間見通しが出そろう。10社平均は16年度で実質0.6%だった。予測は2日に閣議決定した事業規模28兆円超の経済対策に織り込んでいる。対策で0.2%の押し上げ効果と。政府は1月1.7%見込む。
https://pbs.twimg.com/media/CqQDqQAUEAA9h6G.jpg

☆朝日新聞(asahi shimbun)
政権の経済対策「負債になりかねない」 石破氏がクギ
http://www.asahi.com/articles/ASJ8M647YJ8MUTFK00F.html

☆日銀のETF買い入れ拡大は、株式相場をゆがめる悪影響しかない!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160819-00099327-dzai-bus_all
ダイヤモンド・ザイ 8月19日(金)18時10分配信

☆PM2.5で100万人近く早死にか=2013年の中国
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081900778&g=soc

☆ニューズウィーク日本版
【日中関係】中国に5年に一度の「内政の季節」がやってきた。尖閣諸島周辺に中国公船が集結するのも、これと無関係ではない──中国政治の暑い夏と対日外交(加茂具樹・慶應大学教授、中国政治)
http://www.newsweekjapan.jp/kamo/2016/08/post-7.php

☆日本の投資が減って中国は崩壊の寸前だ!反中勢力の勝利だ!
今年上半期の対中直接投資↓
日本 -14%
米国 +50%
ドイツ +90%
英国 +169%
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160818-00047629-jbpressz-cn&p=1&from=groupmessage&isappinstalled=0

☆米W・ポスト紙に抜かれた安倍首相の“二枚舌”と“大偽善”(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188008

☆高江を一切報じない大手メディア、メディアがコントロールされている証拠

☆3つの台風。なんじゃこれ。
2016年08月20日12:39 富士山ニニギさんの日記
日本の南の海上に3つの台風が発生した。
西に行く台風10号。
北上して日本列島を狙う台風9号。
ゲリラのように突然発生して日本列島をかすめて北海道に向かう台風11号。
気象庁発表の台風情報を見ても何が何だかわからない。
もうどうなるか全くわからない台風予測ですね。
異常を通りこして異変ですね。
いよいよ世紀末なのでしょう。
ノアの大洪水に注意。
朝方東京で大雨を降らしていたく雲がなんと西に移動してきて富士でも雨が降ってきた。天気が東から西に移動したのである。ありえないことだ。

☆化血研の遺伝子組み換えB型肝炎ワクチンが10月から定期接種に
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/08/18/8154444
velvetmorning blog

———————-

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link