さて、明日は何がおこるのだろうか?

なんだろうこの暑さは・・・・
沖縄では33度になったそうなんだが、もう狂っているとしか言えないね。
温暖化の影響か、それとも別の理由によるものか、天からか地からかまったくわかりません、さあこの先何が待ち受けてるんだか、これもわかりませんね。
さあ、異常だと言えば日本もこれから、どうなっちゃうんだろうかしらね、希望の党が出てきて、もしかして、とおもったら元日本の心の中山さん達が入っちゃってしまって、右なんだか左なんだか、しかも中山のお父さんの方は鹿児島の比例区だと言うから、ますますわかりません。
 あすは公示日であるんだが、北はまた何か動きがあるんだってねえ、もしかしてウラでまたコソコソバナシ何てことはないと思いたいんだけど。
 しかし今の世の中、何を信じればいいんだか、わかりませんのでねえ・・・・・・・・まあ、明日は何も起きないことを祈りたいというか、無事に選挙が終わればいいと思うけどね、だって貴重な税金を、また、タップリと使っちゃったるんだから。
 けれども、今回の選挙、ホントに大義ある選挙なんだろうか、なんだかただただかき回しているだけのようにもみえちゃうんだけどね。
 結果的に興味無しが、投票を棄権してしまったら、その時は・・
大翼賛会の誕生ということになるんでしょうか。
さあ、そんなことにならないように、自分の思った人、いなかったら思った党の人に、国民の権利を使いましょうよ。
それが、今にも消えそな灯火であったとしても、私達の手で大きく育てて、大きなかがり火にしてみましょう。

☆チリのサンティアゴで「天に昇る多数の黒い物体」は何だったか? 何かの破片? 風船の大群? それとも使徒襲来?
(地球の記録)
http://earthreview.net/waht-is-floating-black-objects-over-the-sky-of-santiego-chile/

☆通貨戦争:ロシアと中国の戦略(日本と地球と宇宙の動向)
ロシアと中国は着々と米ドル排除の新システムを構築しているようです。
これまでは米ドルが世界準備通貨でしたからアメリカ中心の通貨システムの下で貿易が行われていましたが、米ドルの弱体化により、ロシアと中国が米ドル排除に動いています。※情報源
http://www.zerohedge.com/news/2017-10-07/jim-rickards-only-russia-story-matters

☆【衆院選】若者層は保守的?安倍内閣・自民支持多く…「景気・雇用が改善、交代させる必要ない」「野党は理想主義的」 毎日新聞世論調査

☆【毎日新聞】首相が気色ばんで朝日新聞を批判「加戸守行・前愛媛県知事の発言を次の日に全く報道していない」

☆参院民進“前原離れ”加速 代表解任で150億円乗っ取り阻止
(日刊ゲンダイ)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215121

☆野党の混乱で自民党有利?立憲民主党と希望の党、同時に議席増が必須に!首相「過半数で続投」

☆党首討論会に警戒感?秘書官が安倍首相に「怒っちゃだめですよ」「怒らないでください」と助言

☆年金支給開始と定年、75歳へ引き上げの公算…あなたは今の仕事のままでよいですか?(Business Journal)
http://biz-journal.jp/2017/10/post_20853.html

☆やはりコーヒーは健康にいい 1日1杯以上のコーヒーで女性の糖尿病患者の死亡率が低下
(tokana)
http://tocana.jp/2017/10/post_14700.html

☆【暑い】沖縄で気温「33℃」…102年ぶりに10月の観測史上最高気温に

☆【ブラジル】五輪委会長 買収疑惑で逮捕

☆【特大ニュース!】自民・保岡憲法改正推進本部長がドタンバで衆院選不出馬を表明!自民・保岡氏、不出馬=鹿児島1区、がん治療優先【17衆院選】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100800259&g=elc
2017/10/08-17:21 時事通信

☆大阪で枝野コール! 苦難の船出に判官びいき!
http://blog.livedoor.jp/akgrs130/archives/19218362.html
2017年10月07日 半歩前へ

☆twitterより
今度の総選挙、「投票したい候補がいない」「どの党に投票すればいいかわからない」……そんな人にこそ読んでもらいたい記事です →誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」gendai.ismedia.jp/articles/-/531…
(1) 全自衛隊基地の米軍使用
(2) 核兵器の陸上配備
日本の首相に選ばれた人物には、この2つの課題を早急に実現せよという強烈な圧力がかかることになる

☆誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」 『知ってはいけない』著者の警告(現代ビジネス)
-/53127

☆またやった! 僕ちゃん総理がちゃぶ台返し!
http://blog.livedoor.jp/akgrs130/archives/19230138.html
2017年10月08日 半歩前へ

Sponsored Link
Sponsored Link