あの角の向こうはナニが待ってるの?

今日の新潟方面は秋らしい天気といっていいような陽気になってきました、これが続けばいいんですが・・・そうもいかないようだ。残念ながら夕方には曇ってきそうで、予報では明日の朝からは雨になるようだ。次に太陽が出るのは何と来週の木曜日だと?このまま時雨模様になってしまうんだろうかな。今朝は数日ぶりに畑に行ってきた、今年は天候もよくないことと夏の猛暑、その他いろいろとあって畑にいく時間もなくご無沙汰が多くなってしまって、草はボウボウでピーマンは赤くなってしまってるし、茄子はなったまま駄目になっているものも、オクラもでかくなりすぎて、種を取れるようになっている、とりあえず収穫はしてきたが、今年はもう10月になってしまうので片付けてオワリとなるが来年は落ちついて畑に専念したいものです。

さて、前から話題に上がることがあった「テロ等組織犯罪準備罪」の法案だが、今回の臨時国会で、政府は提出を見送ったという。この法案は、過去に3度国会に提出されるも国民の反発で廃案になった「共謀罪」法案とほぼ同じ内容だそうだ。しかし、今国会での提出は見送ったものの、来春の通常国会での成立を目指す姿勢は崩していないという。「重大犯罪の計画を話し合うだけで罪に問える」ようにする共謀罪は、国民の生活にどのような影響を与えるのだろうか?最近はTPPをはじめとするいろんな話題があっても、不思議にマスコミでは掘り下げた解説などが少ない、だから一般にはどうしてもわからないことばかりで、あれよあれよという間にどんどんと暮らしにくい社会になってきているようにもみえる、まあ春の増税こそはなかったが、その代わりではないだろうが物価は知らないうちに上がっていく、昨日スーパーに行ってみて「あれっ?」と思ったが卵がまた上がっちゃったのかなあ?(家計簿でチェックして見たら7月半ば過ぎから10円上がっていました)
 みなこんなもんだね、気がついたら値上がりしていたという感じ、まったねこれでそのうち増税が来るんだから、貧乏人は 麦を食っても 生きていけないでしょう。
 どうなるんだろうか?
何か、もう、オサキマックラ という感じです。
「やはり、何とかしないといけないんじゃないですか。」

 とはいっても「テロ等組織犯罪準備罪」なんて法案が通ったりすれば、陰口なんてとてもね。そういえばこの前テレビで見たんだが韓国では9月28日から接待文化を法律で縛る試みがスタートした。それは「不正請託及び金品授受の禁止関係法」が施行されるのだ。同法の対象になるのは公務員や記者、私立学校職員らとその配偶者。韓国メディアによれば、これだけで全人口の1割近い400万人が対象になる。彼らを違法接待した一般人も処罰されるという。
 当然だろうが、これをチクル人も出てくることであろう、しばらくは混乱が避けられないとも指摘される。特に、刑事処分の対象になるかどうかの最も重要な判断基準である「職務との関連性」の概念があいまいで、一つ一つのケースが法の適用対象なのかが分かりにくいことが問題のようだ。

 これは、もしかすると世界的な動きなんだろうか、00年に国連総会は、国際組織犯罪防止条約を採択している。条約は、国境を越える組織犯罪へ対処するため、重大な犯罪について共謀罪などを設けることを各国に求めた。ただし、共謀罪がその国の法体系になじまない場合があることが条約の起草段階で検討され、「各国が国内法の基本原則に従って(条約を)実施する」と明文化されたというのだが、これに沿っていると言えば聞いたところ委員だが、わが国の場合戦前の治安維持法を思い出してしまう、今の政権下での成立は問題があるのではないだろうか、私達はもっと国会でナニがなされようとしているか、知る必要があるのではないでしょうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00072758-playboyz-pol

☆インドネシアのバルジャリ火山が噴火!噴煙は上空2000メートルに達する…観光客ら約400人に避難勧告

☆【前触れ】南海トラフ巨大地震、リーチへ…海上保安庁が設置した観測機器から「強ひずみ域」が広がっていた

☆スティーヴン・ホーキング博士 地球から去るよう呼びかける
https://jp.sputniknews.com/science/20160929/2833559.html(スプートニク)

英国の学者スティーヴン・ホーキング博士は、他の惑星の征服に取り組むよう人類に呼びかけた。
ホーキング博士は、「私は人類が宇宙へ出て行かなければ人類に未来はないと思っている」と述べた。ガーディアン紙が報じた。 ホーキング博士によると、地球の生命は高まり続ける危険にさらされており、自然災害や人災によって一掃される可能性があるという。 ホーキング博士は、人類にとっての主要なリスクは核戦争と遺伝子操作されたウイルス攻撃だと考えている。ホーキング博士は2016年1月にも同じような考えを表している。


<気になる情報>
☆世界の人口の90%以上が危険なレベルの大気汚染にさらされ、毎年650万人が大気汚染が原因で死亡している(地球の記録)

☆ドイツ銀行の経営不安に関する報道を受け、ドイツ銀行を利用している顧客(一般人等)が預金を引き揚げているとの観測が流れてます。https://twitter.com/NYstockinfo/status/781079942461173760

☆本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
オバマ大統領と安倍晋三首相が、「世界平和の破壊者」=「朝敵」(朝廷の敵、天子に反逆する賊)と呼ばれている?

☆ドイツ銀行が破綻危機・・・負債総額 260兆円の予測(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190663

☆アル・カイダ系武装集団の司令官が米国を味方だと話したと伝えた独雑誌は独国の米国離れを示唆(櫻井ジャーナル)
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609280000/

☆日米両政府は26日、ACSAに署名し、米国の侵略戦争で日本が兵站線を担う態勢が整備されてきた (櫻井ジャーナル)
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609280000/

☆原子力政策のほころび次々 原発廃炉の国民負担議論スタート(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201609/CK2016092802000110.html

☆豊洲市場の汚染土どこへ? 4割は東京湾の処分場に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016092802000109.html

☆恋人なし、男性7割女性6割…極めて深刻な事態
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475074699/-100

☆ロシアと中国が世界を牛耳り始めた
※情報源
http://beforeitsnews.com/politics/2016/09/war-on-all-fronts-be-ready-folks-2845452.html

☆福島第一原発、復水器に1000倍の汚染水!建屋内部に約6万8000トン!地下汚染水からも20万ベクレル以上を検出!

☆長崎県で50年に一度の記録的大雨!日本全国で大雨、西日本では警報も!南方では台風発生!

☆【解散総選挙】民進党の若手議員が悲観 「壊滅的な敗北になる」
http://www.news-postseven.com/archives/20160929_451303.html

☆最高裁判所という「黒い巨塔」〜元エリート裁判官が明かす闇の実態
これは日本の縮図だ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49800

☆金子勝
【経済政策ダマシ】「総括的検証」後も日銀がャブジャブ国債1兆400億円買入れ。1ー3年4000億円、3ー5年4200億円、10ー25年2000億円、25年超1200億円。減額観測があった超長期の買入れ額は据え置き。食い潰すまでやる?

☆小池都知事は「闇の五輪3施設」にメスを入れられるのか?
「小池劇場第二幕」最大の見どころ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49820

☆もんじゅに日銀、日本「モラル大崩壊」が止まらない(ダイアモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/103228

☆TPP推進役がいまやゴルフ三昧 鶴岡大使の優雅な英国生活(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190586

☆独コメルツ銀、9600人削減と配当停止へ 米政府の独銀攻撃、金融システムをリスクに 今四半期は赤字に 中国生保リスク
(阿修羅)
http://www.asyura2.com/16/hasan113/msg/714.html

[フランクフルト 29日 ロイター] – ドイツのコメルツ銀行(CBKG.DE)は、正社員の2割以上に当たる9600人の人員削減と当面の配当支払い停止を発表した。2020年をめどに、より持続可能なベースで利益を出す体質づくりに向けリストラを敢行する。コスト削減などに要するリストラ費用は11億ユーロ(12億ドル)に上る見込み。正規雇用(フルタイム)4万5000人のうち9600人を削減する。一方、事業が成長している分野では2300人を採用し、差し引き7300人の削減となる。

☆共同通信
【速報】豊洲で環境基準上回るベンゼンとヒ素を検出
http://this.kiji.is/154135395222028294?c=39550187727945729

☆いままでの検査が怪しい
ネットゲリラ

ベンゼンと砒素が、環境基準をうわまわった、というんだが、今までは鉛筆舐めて数字をいじってただけだろw 小池もそれを知っていたんじゃないか。だから強気で、移転中止を指示した。都庁の役人がコッソリやる事なんざ、CIAにはバレバレです。このままだとCIAの工作員も汚染寿司食うハメになるので、自分が汚染寿司食いたくない一心で、小池に情報流したかw

東京都は豊洲市場の地下水のモニタリング調査で環境基準を上回る有害物質のベンゼンとヒ素を検出したと発表。

ところで謎の地下室なんだが、「ゼネコンが予算を膨らませるためだけに、必要ないのに作った」説というのが浮上してきたw 単なる盛土よりも、コンクリで構造物を作るほうがカネかかる。わざわざカネ使って、違反になるモノを作ってるんだから、世話ないw

☆小池知事の所信表明でわかった 豊洲「白紙撤回」の本気度(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190739/1

所信表明演説では、「都議会の皆さまと、知事、職員がなれ合いや根回しで事を丸く収めてはいけない」と“宣戦布告”もした。標的は自民党都議団と“伏魔殿”である都庁の幹部たちだ。
「都庁の幹部職員は、常に自民党の意向に沿って動きます。都議会で、当時の民主党が第1党だった時ですら、役人と自民党都議はベッタリでした。石原慎太郎元知事が週2、3回しか登庁せず、トップが“機能不全”に陥っていた時期は、副知事以下と自民党はまさに『二人三脚』状態だった。2020年東京五輪も絡み、移転を急ぎたい自民党と、その意に沿って役人が強引に計画を推進した結果、さまざまな
問題が噴出したといえます。小池知事は、そんな“癒着構造”まで把握しているのでしょう」(都政ジャーナリスト) 小池知事は本気のようだ。

☆オリンピックの金食い虫 ネットゲリラ
「見直しなんか出来ね-よ」と森元が逆ギレ、というんだが、貰うモノ貰っちゃってるしw 

☆衆議院福岡6区補選、自民党は公認見送り!事実上の保守分裂へ!国会は1月解散説が浮上!年末年始に総選挙か

☆自民党理事がTPPの強行採決を示唆!「強行採決と言う形で実現するよう頑張らせていただく」⇒自民党員「爆笑」

——————————-
特別情報9月29日

“世界の終り”が近づいている….

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link