今度はこっちか、なあ~~~

今日も何とかいい天気に恵まれています、昨日は時間を作って畑を少しかたづけにいってきた、草ボウボウになっていたが枯れてきていた、固そうな茎や種の付いているものは片付けたがあとはそのままにしておいた、もう10月も終わるので今年は何もできないが、来年は何とか畑仕事のできるようなゆとりある生活を送りたいと思うが、世情を考えるとなかなか厳しそうだが、まあがんばるしかないのかな。
 さて、昨日は鳥取で地震があり、深さが11km位とか、心配になることばかりです、新潟県ですが、こちらも揺れているように思えるんだが、今も2回ほどビシッと言ったように思うんだが、気のせいだろうか?昨日の私の異様な血圧上昇も今朝は安定しているので、これも何か気になるし、今度はなにが起きるんだか、心配です。ネットゲリラさんによると「安倍政権になってから災害ばっか」だって、それはいくら何でも可哀相だが、それだけ首相在任が長くなってるよ~~~と言うことでしょうか、もういいんじゃないの?
10月21日 14時10分
21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とするマグニチュード6.6の地震があり、鳥取県倉吉市と湯梨浜町、それに北栄町で震度6弱の激しい揺れを観測しました。この地震による津波の心配はありません。この地震で震度6弱を観測したのは、鳥取県倉吉市と湯梨浜町、それに北栄町でした。また、震度5強の揺れを鳥取市と鳥取県三朝町、岡山県の真庭市と鏡野町で観測しました。さらに震度5弱を、鳥取県琴浦町と日吉津村、それに島根県隠岐の島町で観測しました。このほか、中国地方と四国、近畿、北陸、九州、東海、関東甲信の各地で震度4から1の揺れを観測しました。
 聞くところによると人口密度は少ないところだったとは言うが、震度6弱くらいだと、けっこう物的被害はでていることだろう、しかし地震というのは「油断しているところに来る」という特性があるので、気をつけましょう。東海地方は、今のところクルクルと言われながらも、まだ来ない。
 しかし日本全国が地震の巣窟の上にあるようなんでね、地震の来なかった地方も、注意でしょう、地震に備えておいた方がいいようです。

 しかし今回の鳥取の地震だが、山陰地方で大地震があると南海トラフヘ繋がる・・・
9世紀・貞観時代とも酷似!最悪「M10」超巨大地震が60分も続く可能性も」という情報もある。
> さっきテレビで何の専門家かしらんが、山陰で大きな地震が
> 起きると南海トラフにつながる、と言ってた
昭和18年に鳥取、19年で三重県の地震がそうだったからね

887年 – 仁和地震(にんなじしん)
平安時代前期に起きた南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。
この地震の9年前(878年)には関東地方で大地震(相模・武蔵地震)、18年前(869年)には三陸沖を震源とする甚大な津波被害を伴った巨大地震である貞観地震があった。
貞観時代の他災害を抜粋
・貞観3年(861年)4月7日、直方隕石が落下。落下の目撃がある世界最古の隕石。
・貞観6年(864年)、富士山噴火(貞観大噴火)。
・貞観10年(868年)7月8日、播磨国で地震(播磨国地震)。 → 現在の兵庫県の南西部一帯
日本三代実録によれば官舎、諸寺堂塔ことごとく頽倒の記述。前年から引き続き、毎月のように地震があったことも見受けられる。
・貞観11年(869年)、格12巻が完成。貞観地震とそれに伴う貞観津波が発生。貞観の入寇。
・貞観13年(871年)、式20巻が完成。貞観格式の完成。鳥海山噴火。 → 山形県と秋田県にある活火山
・貞観16年(874年)、開聞岳噴火。 → 鹿児島県の薩摩半島の南端にある火山

鳥取地震が、南海地震の予兆であると言われる理由
● 理由(1) 過去の地震の結果によると、南海地震の前に西日本で中規模地震が多かったから
1925/05/23 北但馬地震(M6.8)
1927/03/07 北丹後地震(M7.3)
1936/02/21 河内大和地震(M6.4)
1943/09/10 鳥取地震(M7.2)
1944/12/07 東南海地震(M7.9)
1946/12/21 南海地震(M8.0)
———————————-
今回の西日本での中規模地震の流れ
1995/01/17 阪神淡路大震災
2000/10/06 鳥取県西部地震
2001/03/24 芸予地震
2007/03/25 能登半島地震
2016/10/21 鳥取地震

●理由(2) 地震の発生するメカニズムが変化することが判明してきたから

南海地震発生の前に、活動期として西日本方面で地震が活発になる傾向があり、
その地震の原因も、本来の横ずれ断層型から、逆断層型の地震へと変化する
逆断層型地震が多くなるということは、地盤にかかる力の方向が変化しているということになり、 南海トラフ周辺でのひずみが増大している証拠となる。これによって南海トラフの陸側の内陸部にて 地震が起きやすくなると予想される

M10の地震が60分続く!? 南海トラフ地震の最悪の被害予想
「地球で起こる地震の最大規模は、理論上、M10.0程度になる」……このような研究結果を、東北大地震・噴火予知研究観測センターの松沢暢教授(地震学)がまとめ、地震予知連絡会に報告した。
 松沢教授は、「M10.0の地震が必ず起こるということではない。もし起こるとしても、1万年に1回程度ではないか」としている。M10.0の地震は、地震観測史上発生したことがなく、これまで最大の地震は1960年のチリ地震M9.5で、日本にも津波の被害をもたらした。もしM10.0の地震が起こると、揺れは20分~1時間程度続き、揺れが収まる前に津波が来る可能性が高い。

 リャンティさんのメルマガでは”2016.10.21 「今日の地震はメルマガ377号に書いた暗示のものだそうです」vol.388”とのこと。

 何かいやな予感を感じたくない今日このごろといきたいが、こんなアメリカ大統領令が発令されたとか「太陽からの攻撃への準備をせよ」とのアメリカ大統領令 : 太陽活動の弱い中でのこの事案に見る今の時代(In Deep)
http://indeep.jp/executive-order-white-house-prepping-for-huge-solar-storms/
こんな時だから一部転載させていただくことにしたが、全文は上のURLから閲覧してください。以下は、抜粋。

超巨大な太陽嵐が地球を直撃した際に想定されること
・電力送電網の破壊による完全な停電
・通信(電話、携帯、インターネット)の崩壊
・放送網(テレビ、ラジオ)の崩壊
・飛行機の墜落
・コンピュータに依存するシステム(軍事、銀行、政治、医療、インフラ)の停止
・移動手段(車、電車等)の停止
・物流、食料供給の停止
アメリカで太陽嵐などの脅威についての大統領令が出されたわけですが、実際に起きた場合、特に、日本を直撃した場合は、一応は文明の滅亡という考え方でよろしいかと思われます。

まあ、今はいろいろとリセットしたほうがいいような局面なのかもしれない面はありますので、そんなに悲劇とは思いませんが。ちなみに、既存の科学的見地の範囲でいえば、たとえば、 NASA は 2015年に、次の 10年以内にそのような超巨大な太陽嵐の直撃を地球が受ける可能性は「 12%」と試算しています( sciencealert より)。
高いとも低いともどちらも思える数値ですが、結局、「いつ起きるかは基本的には誰にもわからない」という部分はあり、現在のような極端に太陽活動が弱い状況でも、たとえば、ハイダーフレアと呼ばれる種類の太陽フレアは、太陽活動の強弱とは関係なしに起きるとも言われています。

 まあ、何があったとしても、わたしらには為す術はありませんから、まずは御身の安全確保からです、パニックになることだけは避けたいですね。


<気になる情報>
☆バブル並景気でなければ給付額上がらず…驚愕の年金新ルール(女性自身)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010001-jisin-soci

☆介護業界、施設倒産ラッシュで危機的状況突入…行き場を失う高齢者続出(Business Journal)

☆ウィキリークスの大量の国家機密ファイル公開は事前予告なく自動公開の様相:アサンジ氏がすでに亡くなっているのではないかとの憶測が広がる
Assange Missing, Presumed Dead
http://yournewswire.com/julian-assange-dead-mans-switch-wikileaks/

☆松藤民輔 @tamimatsufuji
警報発令
ドルインデックスから見ると来週が市場の大分岐点になる。
「松藤民輔さんは、日本の実業家。株式会社ジパング代表取締役社長兼最高経営責任者で福岡県出身、明治大学経営学部卒業、ぜひ検索して最新情報をゲットしてください」

☆派遣機動隊員の暴言「不適切」 警察庁長官、沖縄米軍施設工事で
http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-378616.html …

☆【大炎上】松井一郎知事の発言で批判殺到!電話などが385件、大半が抗議内容!「人権意識が欠けている知事」

☆藤原直哉 @naoyafujiwara
ウィキリークス、今日はオバマメールを出してきた。オバマも秘密のアカウントを使ってメールをやり取りしていた。
https://wikileaks.org/podesta-emails/?q=bobama&mfrom=&mto=&title=¬itle=&date_from=&date_to=&nofrom=¬o=&count=50&sort=6#searchresult …

☆米オバマのISISを使った「ロシア原発攻撃機密」をロシアが握り、オバマがプーチンに「完全降伏」 ヒラリー・クリントンのメールでロシアが知る!http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4104584f17e1fb35c49f7647d871ce48 … 米国を完全降伏させたロシアが握る決定的証拠

☆蓮舫の花を枯らす野田幹事長。新潟県知事選の裏でしでかした“最悪(週プレNEWS)
https://gunosy.com/articles/aPYLc

☆石原氏側近で元副知事の浜渦氏 豊洲の地下空間「石原氏は知っていたと思う」(dot.)
https://gunosy.com/articles/RfvKG

☆本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表は、「連合」組織などに安易に依存せず、各々が足腰を強化して、自由党の隆盛を取り戻そうとしている

☆【遺伝子改造】UFO研究家が次々と「謎の死」を遂げる!宇宙人から技術提供を受け実験「スーパーソルジャー計画」キメラ生物として超兵士を作り上げていた!(まいじつ)http://myjitsu.jp/archives/8566/2

小池知事、五輪ボート「韓国開催」朝日報道に激怒 情報戦…大会組織委が仕掛け?
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161020/plt1610201140001-n2.htm

☆大戦前夜を彷彿…TPPに躍起になるほど世界の分断を招く 日本経済一歩先の真相(日刊ゲンダイ) http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/192181

☆都市銀行、野村証券、ゆうちょ銀行とも競合 地銀が潰れていく理由〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161019-00000219-sasahi-bus_all
週刊朝日  2016年10月28日号より抜粋

☆稲田朋美 副収入で月80万円!密かに進める3億円アパート経営(女性自身)

緊急情報!!!!!! 11月に起こる太陽の異変ー暗闇の14日間が地球を襲う
☆NASAによると、11月に約14日間の暗闇を体験します!?
※情報源
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/10/earth-will-experience-15-days-of-darkness-in-november-3427942.html 

☆CNN放映中、米議員がクリントン批判を展開した瞬間に通信障害(スプートニク)
https://jp.sputniknews.com/us/201610212928838/

☆中国「習バブル」大崩壊へ GDP横ばいも…「最悪の事態に突入している」(夕刊フジ)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161021/frn1610211550002-n1.htm

———————-
特別情報10月22日#2

☆発令された「太陽からの攻撃への準備をせよ」とのアメリカ大統領令 : 太陽活動の弱い中でのこの事案に見る今の時代(In Deep)
http://indeep.jp/executive-order-white-house-prepping-for-huge-solar-storms/
以下は、抜粋。

超巨大な太陽嵐が地球を直撃した際に想定されること
・電力送電網の破壊による完全な停電
・通信(電話、携帯、インターネット)の崩壊
・放送網(テレビ、ラジオ)の崩壊
・飛行機の墜落
・コンピュータに依存するシステム(軍事、銀行、政治、医療、インフラ)の停止
・移動手段(車、電車等)の停止
・物流、食料供給の停止
アメリカで太陽嵐などの脅威についての大統領令が出されたわけですが、実際に起きた場合、特に、日本を直撃した場合は、一応は文明の滅亡という考え方でよろしいかと思われます。

まあ、今はいろいろとリセットしたほうがいいような局面なのかもしれない面はありますので、そんなに悲劇とは思いませんが。ちなみに、既存の科学的見地の範囲でいえば、たとえば、 NASA は 2015年に、次の 10年以内にそのような超巨大な太陽嵐の直撃を地球が受ける可能性は「 12%」と試算しています( sciencealert より)。
高いとも低いともどちらも思える数値ですが、結局、「いつ起きるかは基本的には誰にもわからない」という部分はあり、現在のような極端に太陽活動が弱い状況でも、たとえば、ハイダーフレアと呼ばれる種類の太陽フレアは、太陽活動の強弱とは関係なしに起きるとも言われています。

☆ウィキリークスの大量の国家機密ファイル公開は事前予告なく自動公開の様相:アサンジ氏がすでに亡くなっているのではないかとの憶測が広がる
Assange Missing, Presumed Dead
http://yournewswire.com/julian-assange-dead-mans-switch-wikileaks/

☆松藤民輔 @tamimatsufuji
警報発令
ドルインデックスから見ると来週が市場の大分岐点になる。

☆松藤民輔 @tamimatsufuji
ジャンクボンド市場は10月10日に年初来高値を記録した。ジャンクボンドが下落するときNY市場は急落する、、年初20%になった利回りが先日、11%を下回った。

☆松藤民輔 @tamimatsufuji
ライボ金利、短期債金利は6月以降上昇に転じている。そして先週最高値(利回り)をつけた。壮大な債券バブルは史上最大の大天井をつけ破裂し始めた。

☆松藤民輔 @tamimatsufuji
中国元が6年半ぶりの安値をつけた。ドルが独歩高、ドル以外は全ての通貨が暴落し始めている!この動き、米ドルだけが強くて、その他通貨が弱い。このトレンドが、世界市場を壊す。ドル高は悪夢の始まり。

☆派遣機動隊員の暴言「不適切」 警察庁長官、沖縄米軍施設工事で
http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-378616.html …

☆藤原直哉
@naoyafujiwara
すごい顔した人だね(笑)。別の機動隊員は「シナ人」と暴言 北部訓練場、抗議市民に
http://ryukyushimpo.jp/movie/entry-378321.html …

☆【大炎上】松井一郎知事の発言で批判殺到!電話などが385件、大半が抗議内容!「人権意識が欠けている知事」

☆差別暴言をした警官を「忠実に職務を遂行した、ご苦労様」みたいな感じで、差別行為をねぎらう大阪府知事と、「大阪は自分みたいな差別失言者も受け入れてくれるお土地柄」とのたまう某アナ。このままでは、大阪は「差別天国」にされてしまうよ。もっと怒らなあかん、大阪府民。

☆高江での「土人」ヘイトは、日本による沖縄への構造的差別の、必然的でごくストレートな表象。失言や無礼のたぐいではまったくない

☆誤解してはダメ。松井知事も機動隊員も失言したのでなく、心からそう主張しているのだ。「沖縄県民=土人だから基地を押し付けていい、弾圧していい、民意は無視していい」と。
☆藤原直哉 @naoyafujiwara
ウィキリークス、今日はオバマメールを出してきた。オバマも秘密のアカウントを使ってメールをやり取りしていた。
https://wikileaks.org/podesta-emails/?q=bobama&mfrom=&mto=&title=¬itle=&date_from=&date_to=&nofrom=¬o=&count=50&sort=6#searchresult …

☆米オバマのISISを使った「ロシア原発攻撃機密」をロシアが握り、オバマがプーチンに「完全降伏」 ヒラリー・クリントンのメールでロシアが知る!http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/4104584f17e1fb35c49f7647d871ce48 … 米国を完全降伏させたロシアが握る決定的証拠

☆アメリカにサヨナラ
ネットゲリラ

フィリピンを、バナナ売らなきゃ食えない国にしたのはアメリカです。ところが最近では、中南米でバナナがいくらでも作られているので、わざわざフィリピンなんぞからは買わない。バナナを買ってくれるところにシッポを振るのが、フィリピンw まぁ、仕方ないねw

「米国にさよなら」 フィリピン大統領、中国への傾斜鮮明に
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は19日、訪問先の北京(Beijing)で行ったスピーチで、同盟国である米国に「さよならを言う時が来た」と述べた。大統領はフィリピンの同盟関係の再構築に乗り出している。ドゥテルテ大統領は北京在住のフィリピン人らを前にスピーチを行い、米国とは長い間同盟を組んできたが得るものはほとんどなかったと主張。「お前らは自分の利益のためにフィリピンにいる。友人よ、さよならを言う時が来た」とまるで米国に向けて演説するように語った。
 さらにバラク・オバマ米大統領のことを再び「売春婦の息子」呼ばわりした上、「私が今後、米国を訪問することはない。侮辱されるだけだからだ」と続けた。

東南アジアのどの国も、経済的には対中貿易の比率が大きい。アメリカなんて知ったこっちゃないw ましてや、アメリカが忠犬ポチを捨てる時の悲惨さを、ベトナム戦争で知り尽くしている。旗色悪くなりゃ、今まで散々、利用し、使ってきた手下を捨てて、自分だけヘリコプタで逃げるヤツだ。つうか、マニラでもバンコクでも、どこでも、東南アジアの街は、華僑とその子孫だらけです。どこでも、都市部の人口の半分くらいが華僑の血が入っている。アメリカ人とのハーフなんて、ほとんどいない。元から、アメリカがアジアで覇権を握るのは無理なんですw 中国が鎖国をしていた間は、それに気がつかなかっただけw

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link