天気も人もみんなおかしい、どうして?

なんだか、訳のわからない天気ですね、今朝は雨だが予報を見るとお日様が明日朝まででるようで、となるとこれはやはり日中はずいぶんと気温も上がっちゃうようですね。衛星写真を見ると昨日日本海側にあった雲が太平洋側に移動中で、これから関東周辺は真夏日になる所がありそうで、雨上がりの強い日差しと暑さに注意が必要だといってます。
 しかし、全国的に見ると北海道は雨や雷雨が続き、寒の戻りとなりそうですし、沖縄は雨で局地的に激しく降ると伝えています。
 春の天気は荒れるのは当たり前とは言うけど、以前よりも異常になってきているように思えます。確かに数日前強い太陽からの磁気嵐がむかっているという話があったし、昨日書き込んだように19日には、大型の小惑星「2014-JO25」が地球に接近する。
 「900年に1度」レベルの巨大小惑星の地球接近の影響はないんだと思いたいけどいかがかな?
indeep.jp/900-year-asteroid-neo-event-in-19-april-2017/

 そういえば、日本ではないけど中米コスタリカの首都サン・ホセに近いポアス火山では、先週14日から16日にかけて、水蒸気爆発が相次いだという。山頂のカルデラ湖からは硫化水素を含むガスが現在も立ち上っているといいます。ポアス火山は、中米でも最も活発な火山のひとつで、標高は2708メートルだそうで、山頂にふたつのカルデラ湖があるが、南側の方は約7500年前に噴火した記録がある限りだが、北側のカルデラ湖の水質は、世界でも2番目に酸性度が強く、地下のマグマで温められた熱湯が間欠泉のように吹き上がることで知られている。現地時間14日はマグニチュード3を上回る火山性地震が連続し、現地時間午前6時ごろから8時にかけて、大規模な水蒸気爆発が7回発生。白い噴煙が火口上空3000メートルの高さに立ち上るようすが確認されたようです。
カルデラ湖というと、世界中にもまだあるが、イエローストーンは有名です、イエローストーン地区は北アメリカ大陸最大の火山地帯であり、現在でも地下には非常に大量のマグマが溜まっており、近い将来(数十万年以内)にまた破局噴火を起こす可能性が高いとされています。巨大カルデラの形成を伴う超巨大な噴火が約220万年前、約130万年前、約64万年前の計3回起こり、それ以外にも小規模な噴火は約7万年前まで続いていたとい。
 また2014年にはバイソンなどの動物たちが次々に逃げ出していることが判明しました。この時は60回を超える数の地震を観測しており、専門家の中には「何らかの前兆かもしれない」というような指摘をしている方もいました。


 日本もどうでしょうか、火山列島ですよ、火口に水が溜まってできた火口湖(カルデラ湖)はこんなにあるようですけど・・・・。
屈斜路湖(北海道)
摩周湖(北海道)
洞爺湖(北海道)
支笏湖(北海道)
倶多楽湖(北海道)
宇曽利湖(青森県)
十和田湖(青森県・秋田県)
蔵王の御釜(山形県・宮城県)
沼沢湖(福島県)
雄国沼(福島県)
大沼(群馬県)
榛名湖(群馬県)
草津白根山の湯釜(群馬県)
芦ノ湖(神奈川県)
猫越峠火山湖(静岡県)
一碧湖(静岡県)
風吹大池(長野県)
ミクリガ池(富山県)
鷲羽池(長野県・富山県)
御池(宮崎県)
藺牟田池(鹿児島県)
住吉池(鹿児島県)
大浪池(鹿児島県)
鰻池(鹿児島県)
池田湖(鹿児島県)

あれっ阿蘇は?
阿蘇カルデラは大規模な火砕流の噴出を伴う4回の大噴火によってできました。
 火砕流を噴出した大噴火のあと、阿蘇カルデラには段々水がたまっていき、カルデラ内に水をたたえる大きなカルデラ湖ができたが、カルデラの切れ目ができると水は排水され、そこがふさがれると再び湖ができたが、現在は排水されてカルデラの底は平地になっています。その後カルデラ内で新たな火山活動が始まり、この結果、中岳や高岳など10個以上の小型の火山ができ、これらは中央火口丘群と呼ばれています。
 火山活動が活発なため、カルデラ湖ができてもすぐ底に切れ目ができて排水されてしまうのだそうです。
www.hazardlab.jp/?map=volcano

 噴火レベルは今のところ口永良部島でレベル3、その他はレベル1になっており、落ちついています、このままでいてほしいけど、それも地の神様のご機嫌次第です、私達は地の神、水の神、天の神と百万の神々様に感謝を捧げていくことが大切なのではないでしょうか、誰かが日本を取り戻すと言っていたが、自己中ではダメ、「今こそ本当の日本の心を取り戻す時でしょう」、もういい加減に気がつきましょうよ。
目覚めよ、ヤマトンチュウ!!

 さて、これだけ少し気になったんで、それは今年の3月、自民党の小泉進次郎衆議院議員を中心とした若手議員たちから「こども保険構想」なるものが発表された件です。この構想は、「年金、医療、介護には社会保険があるが、子育てには社会保険がない」として、子どもが必要な保育や教育などを受けるための新たな社会保険をつくろうということでした。
 この時に はてな? と感じたんだが、今になってネットの中の記事を見て思い出しました。
 実は現在、サラリーマンは「子供子育て拠出金」という「税金」を払わされているんです。この「子供子育て拠出金」は、もともとは児童手当拠出金と言われていたものですが、2015年に、子供子育て支援法という法律ができて、「子供子育て拠出金」という名称になったのです。この「子供子育て拠出金」は、日本全国の事業所(会社や個人商店など)で、従業員に賃金を支払う場合に、その賃金の額に応じて拠出するものです。従業員に子供がいようといまいと関係なく徴収されます。
 ただこの「子供子育て拠出金」は、事業所が負担するということになっており、サラリー明細に記載されていないんですね、しかし事業所から見れば、人を雇った時にかかる経費の一部であり、人件費として処理されるわけで、実質的にサラリーマンが負担しているのと同じことになるのです。
 しかもこの「子供子育て拠出金」は2012年3月以前には、0.13%だったものが、2017年には0.23%になっているといいます。
 これはもう最近聞く「見えない税金」ですね。
私達は、この手の論法で、これまで散々、負担を増やされてきているんじゃないですか?いい加減にしてほしいもんだ。
 まあ、小泉議員達はこの事実に気がついていなかったんだと信じたいけど、もし知ってて「こども保険構想」を進めているとしたら、これは二重取りになってしまう。
これじゃ消費税と同じだね。
 しかしこうやって作った金って、何処に流れてるのか?海の外だけ?それとも、国民のために使ってほしいもんです。
www.mag2.com/p/news/246611
 
 ホントに「責任を果たす」というんであれば、国民の暮らしをもう少し楽になる方策を考えるべきではないですか、何かどんどんとおかしな社会に変貌してきている。
今度はいよいよ「共謀罪」ですか、いよいよ監視社会ですか。
 金田法務大臣は17日の国会で共謀罪について驚くべきことを答弁している、なんと、保安林で立木、鉱物、タケノコ、キノコ、土砂を取ることさえもテロ(準備行為の資金源)に含まれるらしい・・・ヤバイ・・・ヤバすぎる(ー ー;) 。
 これもありました、山本幸三地方創生担当相は大津市での講演後、観光やインバウンド(訪日外国人)による地方創生に関する質疑で、「一番のがんは文化学芸員だ。観光マインドが全く無く、一掃しないとだめだ」と述べました。
 首相も自分としては笑いを誘うつもりだったんだろうが17日、東京・銀座に完成した複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のオープニングイベントであいさつし、地元の山口県産品をPRしようと忖度を要求する一幕があった。施設で扱う各地の名産を紹介する一方で「(あいさつの)原稿には残念ながら山口県の物産がない。忖度してほしい」と述べた。
 国会では学校法人「森友学園」への土地の格安払い下げを巡り、官僚が首相の意向を忖度したのではないかと野党の追及を受けたばかり。テーマは違うが冗談交じりに忖度に言及して「悪乗り」した格好だ。と東京新聞では伝えているけど、国民はバカにされちゃっているね、とてもじゃないけど「無理に笑っても顔が引きつってきます」。


<気になる情報>
☆イランで40年ぶりの大雨による黙示録的な大洪水。現在までに25人が死亡、多数が行方不明

☆専門家が警鐘、すべての地域で地震予兆「震源が陸上ならM5・0程度」(夕刊フジ)
www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170416/dms1704161000002-n2.htm

☆現実味を帯びてきた米国のデフォルト(カレイドスコープ)
kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4980.html

☆北朝鮮「真のXデー」は4月19日が有力?
(MONEYVOICE)
www.mag2.com/p/money/213557

☆その道は行き止まり ネットゲリラ 森友アッキー度事件

———————————
今日のおすすめ:あなたの免疫力だいじょうぶでしょうか・・・・

免疫力