第3の矢を期待したいね!!

お日さまが顔を出すとギラギラしていて真夏日になるが、一応梅雨入りしたんですが、そのせいだとは思うが夕べはちょっと蒸してしまって夜中に扇風機を入れた。エアコンも設置しているが、今年は試運転もしていないので運転はパス、考えて見るとエアコンは数年前に新型に交換したんだが景気が悪くなってから電気契約をワンランク落としたせいでうっかりするとブレーカーが落ちてしまうので運転は除湿中心で冷房は本当に暑いときだけになってしまった。
今年は~~暑くなるというから~~今のところ日が照らなければ気温も下がって少しだけだが、過ごしやすく感じてるんで、ありがたいところではある。
けれども梅雨はこのままではないと思うし、いやな天気が続くが、そうはいってもいつもの日本の梅雨とは様子がちがいますね。

 東京都知事の件はドンドンと惨くなってきています、さて、知事が不在となると問題があるのだろうか、特別の事情で知事がいなくなることは想定されているはずだろうから、リオオリンピックが終わるまで、待ってくださいは関係のない話のように思える。
問題は東京都どころか日本国内ばかりでなく世界にもこの惨さがつたわっている。
 まあ、こんな人を推薦して押した安倍自民党と公明党は責任重大ですね。
この事実を私達は絶対忘れてはいけませんね。

 参議院選挙間近の今、野党は共闘までして安倍自民党に挑戦しようとしている時である。首相はことあるごとに「野党共闘は野合」と言っているんだが、自民党と公明党だって始まりは「野合」だったと思うし、最近のニュースを見ていると気になるのは首相が政策を語っているシーンがあまりなく、何か野党批判をしているばかりのようだ。
 しかしこれこそ第3の矢ではないかな 小林節氏の「怒りの声」が比例に8人の候補を発表している、比例区も野党共闘が成立すればなかったわけだが、政党エゴで統一名簿は断念した結果であり、こちらは何となくダークホース的な存在となり、今後の動きがどうなるか、もしかしたら私達の一つの大きな選択肢としてとらえてもいいのではないだろうか。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183382

 小林節氏の「怒りの声」はどういう動きができるかは未知数ではある、しかし今の政権のように国民にusoはつかないだろう。
12年12月の総選挙では「アベノミクス」を掲げ、「景気対策」を言っていた。しかし、何をやった?そうでした「特別秘密保護法」を成立させましたね。
また14年12月の総選挙では「増税延期」を言っていたんだがその後やったことは「集団的自衛権」の解釈を変え、「安保法制」だった。
覚えていましたか。
 テレビや新聞ではあまり取り上げないから記憶に薄いですよね。

そして注目の今度の参院選では、再び「増税延期」です。
自民党が掲げた選挙公約は、国内総生産600兆円に押し上げる。
しかし「財源」には触れてはいない。それでいて、赤字国債に頼らずに社会保障の充実や保育の受け皿を50万人分増やすと言ってるし、さらに「20年度の国・地方の基礎的財政収支の黒字化目標を堅持」と言ってます????
 ところが、あれだけ「改憲」を言っていたのに、憲法改正については「衆参両院憲法審査会で議論を進め、憲法改正を目指す」と書いてあるに過ぎない。
 さあ、どうでしょうか、今までの手法から学べば・・・・
選挙に勝てば、「改憲について国民の同意を得た」と言うでしょう。
また「赤字国債に頼らず」なんで、社会保障の充実や保育の受け皿増の声はフェードアウトに・・・・
 過去2回の総選挙後の結果を見るとほぼ確定でしょうね、だからこそ「野党共闘」までして戦う体制になっているということでしょう。

 「アベノミクス」の効果、でると思いますか、確かに株はまだ上がるかもしれませんが、(T_T)人もふえているのではないでしょうか、それでも国民は、「アベノミクス」の効果が発揮され、日本経済がよくなると「三度目の正直」を信じて投票するのだろうか。
 たしかに「二度あることは、三度ある」とか「仏の顔も三度まで」とか言うが、果たして「柳の下のドジョウ」は3度目もあるのだろうか?

昔の自民党を動かしていた人達って今の状況を見てなにを考えているんだろうかね。



<気になる情報>
☆メキシコに打ち上げられた「角や毛のようなものを持っている」謎の生物の亡骸(地球の記録)
http://earthreview.net/mysterious-animal-carcass-wash-up-in-mexico/

☆イギリス「EU離脱」もし実現すれば世界経済はどうなる? 「EU&ユーロ崩壊」の始まりか(現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48892

☆アベノミクスで日本企業の内部留保がさらに肥大、“タックスヘイブン”ケイマン諸島への投資額激増も判明!(リテラ)
http://lite-ra.com/2016/06/post-2331.html

☆【舛添完全終了】須田慎一郎氏「日本の関係じゃない所から金貰って便宜を図ったって疑惑が浮上。近々某誌が暴露」@そこまで言って委員会
http://crx7601.com/archives/48830367.html
さあ「本丸」がやって来たww

☆「民進党にはもれなく共産党がついてくる」と安倍首相が言っているとか。
自民党には、もれなく原発再稼働、TPP、沖縄新基地、電波停止、保育の規制緩和、軍拡と自衛隊の海外派兵、自民党憲法改正草案など諸々がついてくる。ついでに公明党もか。
☆原発産業9社から自民党に献金100億円、安倍政権のもとで進む原発推進。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=299372&g=131208
2013年になって大企業献金が大幅に増えたと言うもの。

☆凍らない凍土壁に原子力規制委がイライラを爆発「壁じゃなくて『すだれ』じゃないか!」 税金345億円は何のために(産経新聞)
http://www.sankei.com/premium/news/160612/prm1606120009-n1.html

☆乾燥地帯のガーナの首都アクラで壊滅的な大洪水が発生し首都機能が停止(地球の記録)http://earthreview.net/apocalyptic-flooding-engulfs-accra-ghana/

☆安倍首相「私は立法府の長」発言だけじゃない! 都合の悪い議事録を次々改ざんする安倍政権の危険性(リテラ)
http://lite-ra.com/2016/06/post-2332.html

☆小沢一郎(事務所)@ozawa_jimusho
安倍政権は街頭演説で憲法改正に全く触れていない。これほど恐ろしいことはない。国防軍創設も公共秩序の名の下の権利の制限も本当は一番やりたいのに、去年のことがあるから、選挙前はあえて言わず隠ぺいする。演説で並べるのは自慢と野党の悪口だけ。それで選挙終わったらやっちゃえと。最悪である。

☆小沢一郎(事務所) @ozawa_jimusho
安倍総理は前回の総選挙で「アベノミクスを進るために解散します!」と言った。ところがその後、特定秘密保護法案とか安保法案とかそんなのばっかりやっていた。経済政策なんてほったらかしで何もやっていない。株価もその後暴落、今なお円高が進んでする。いま金融政策を正常化しないと破滅に向かう。

☆日銀の決算と安倍ノミクスの対案(在野のアナリスト)
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/

☆シャープ倒産を視野に銀行が「破綻懸念先」区分に…鴻海との提携失敗との判断か(Business Journal)
http://biz-journal.jp/2016/06/post_15462.html

☆ソロスの右腕 「株から撤退せよ。金を持て」と発言(マネーポスト2016年夏号)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160610-00010000-moneypost-bus_all

☆英国がEU離脱なら「世界恐慌」の引き金に? 勢い増す「離脱派」(東洋経済)
http://toyokeizai.net/articles/-/122226

☆ルー米財務長官:英国がEU離脱なら世界経済にマイナスの影響 離脱なら欧州株24%下落 ECBも行動の用意-仏中銀総裁
原題:Lew Sees ‘Negative’ Global Economic Impact If U.K. Exits EU (1)(抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-12/O8OK176TTDS201

☆【致命的】宇都宮市の小学校で食後に基準値超の放射能が発覚!事故後からずっと食後に数値が判明する体制に・・・
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11995.html
(速報情報ブログ)
宇都宮、給食のタケノコからセシウム 安全確保に二つの落とし穴(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201606/CK2016061102000169.html?ref=rank

☆自民党谷垣幹事長の地元、福知山市で自公推薦民進支持の現職市長が落選し、政党の支援を受けない新人が当選。
京都・福知山市長に大橋氏 現職破り初当選
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160612000110

☆大企業景況感、2期連続で悪化=熊本地震や円高―4~6月

☆自公。このまま野党提出の不信任決議案に乗っかれば14年の知事選で舛添氏を担ぎ出した与党として格好がつかない。とはいえ、不信任案を否決すれば、世論の猛反発は免れないだろう。そこで浮上してきたのが、舛添自身が「病気療養」を理由に辞任する案
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183417/1


——————————–

Sponsored Link
Sponsored Link