この船の行き先って何処にむかってる?

スッキリした天気でないですね、明け方までは降っていなかったが、明るくなってから降ってきた、きょうも気圧の谷や寒気の影響があるようです。相変わらず北海道は雨や雪の降る所が多いという、太平洋側では大体晴れそうだとはいうものの、列島に並行して前線が走っており、何か壁のようになっていますね。全国的に晴れ間も出るところもあるが1日はっきりした陽気にはなりそうにないようです、昨日は車は冷房がないと熱かったが、今日はそうでもなさそうで、家の中も少し涼しすぎる感があります。

 さて、今朝のテレビを見ていると、ついに森友学園はワイドショーの話題から遠ざかりつつあるようだ、しかし納得していない人達は相変わらずのようなんですけどね、大阪でも籠池イビリみたいになってきていて、大阪市は閉園も考えているとか、そこまでいくとどうなんだろうか。今は保育園が不足している時代です、せっかく園の形態を保っているんだから、今いる先生達と協力して閉園しないで存続するのがいいと思うのだが、これもどこからかの横やりなんかね、本当にメチャクチャですよ。
 テレビというとこれは20日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)の人気コーナー「そもそも総研」でのこと。玉川徹氏が共謀罪の重要人物である自民党の古川議員に取材を行った模様の一部が流れたが、まさに共謀罪がテロだけではないことを裏付けるものでした。
 玉川氏は、沖縄の基地建設阻止をするために市民たちがトラック車両を現場に通さないよう座り込みで抗議する、そのことのために銀行でお金を下ろすなどしたときにも共謀罪は適用されるのか?ということを古川議員に質問したのだが、古川議員はこう述べたという。
「仮に完全にトラックを防止するっていう目的だけにみんなが集まると、仮にですよ、仮にね。極めて具体的な計画でやる。具体的な計画といったら危険性が出てくるということですから、まさにやろうとしているということなんですね。そして、そのための実行準備行為をやったという段階じゃないと、これ適用になりませんから」
 ここですかさず玉川氏は「逆にいえば、そこまでやれば適用できるということですよね」と言うと、古川議員は「そうなれば、組織的犯罪集団として認定される可能性はありますね」と明言したというのです。
 つまり、トラック阻止を計画し準備しただけで「組織的犯罪集団」となり、共謀罪で逮捕されてしまう、ということで、首相が再三言っている「一般市民が対象になることはない」と繰り返し強調するが、こういう行動を行ったものはすべて一般大衆でないということになるわけで、これはとんでもないことであり、今までのような抗議デモだってわかったもんじゃないでしょう。しかもこれだけではない、原発のような国策を推進する企業に対してSNS上で集団で批判を書き込むといった行為を信用毀損・業務妨害罪にあたるとして共謀罪が適用される可能性についても古川議員はこのように言い切った。
 「故意があるということは確定的に何か証拠に出ていて、かつ、その具体的な計画で、まさに実行の段階に入って、それで実行準備行為があるという段階になれば、それはその犯罪は成立するので、あり得ることです」
 共謀罪とはいうけど、すべては権力者の思うがまま、気に入らないものは適用できちゃうんじゃないのか、結局の所しっぽふってすり寄るしかない世界が待ってると言うことか。こんなことまで言ったらしい。
 「テロなんて言ってませんよ、この法律だって」
「それはいろんな意味でですよ、テロだけじゃないですね」

「テロ等準備罪」の取りまとめ役たる法務部会会長である古川議員自らが、“この法案はテロだけが取り締まりの目的じゃない”ときっぱり宣言したのです。
 いったい、どうなっちゃうんだい。
lite-ra.com/2017/04/post-3094.html

 政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定したというのだが、これも確かに教養として成人した人が読むことを禁じるのはやり過ぎとは思うが、事、学校教材としてもいいというとちょっと違うように思える、「設置者の責任と判断で使用できる」と言ってはいるが、「教育勅語」もあるからね、どうも不安に思えますよ。
 日本ではこういった情報が出ても、テレビや新聞などは掘り下げて書くことは最近なくなってしまった、だからかドイツ新聞、中国、シンガポール、ロシアで記事になっているという。
ameblo.jp/minakatario/entry-12267509000.html
 英語圏は過去にも「我が闘争」問題にも懸念を示して、安倍氏が陳謝したことがあるという。ということで、世界はクールに安倍氏を分析していますが、これでも内閣支持率50%って、まだまだ覚醒から覚めぬ日本人ですね、ここまで来ると火が自分の所まで到達するまで目が覚めないのかもしれないですね。。

 しかし、今の日本、いまだにアベノミクス効果を信じている人はいるんだろうか、東芝もおかしくなっているし、何としたことか今度は郵便局だそうだ、元は国営だったが民間になってから、あれっそういえば東芝さんにいた人がいたんだったね。変なの?
 ネットゲリラさんの情報を見たんだが、日本郵政が巨額の減損処理、という話らしい、日本郵政が2015年に買収した豪物流会社の減損処理を検討していることが、日経ビジネスの取材で分かったようで、数千億円規模の巨額損失が出る見込みで、株式上場したばかりの郵政グループの成長戦略は岐路に立たされるとのこと。
(詳細は日経ビジネス4/24号に掲載)
 日本郵政は毎年、段階的にのれん代を償却処理していく計画だったらしいが、この会社との事業上の相乗効果が生まれず、資源価格の下落によってオーストラリアの景気が低迷するなどしたため、当初計画通りの利益を出せない状況になっていたというんだが。
 しかし、オーストラリアの景気は悪くないというんだが、そうなると、あのアメリカの原発会社の巨額の損失と同じ構図ですね、変ですね、たまたまか。

日本丸はせっかく新しい航海士をえらんで出発したんだが、結局いまだに漂流しっぱなし、船底にいる私達はひもじい思いをしているんだが、それなのに上では好き放題らしいと言う話がポロポロと・・・・
早くどこかの港に入れて船を直して食料を積んでくれよ、といいたいね。
それができないというんだったら、誰かに変わってもらったらいいのにね。

何だって、やめろと言われたって?誰にですか?それも極秘条項ですか。
ミサイルがいつ飛んでくるかわからないと言うし、この船はどうなっちゃうんかね。


<気になる情報>
☆なぜかインド洋を航行 原子力空母派遣はトランプの猿芝居

☆【極秘情報】トランプは、退陣を迫った
www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/434.html
「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」ですけど・・・

☆すでに2兆円のETF購入 海外勢も逃げ出す“狂気の日銀相場”(日刊ゲンダイ)
www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203912

☆安倍政権とグローバリズム(在野のアナリスト)
blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/

☆森友問題の資料、開示には与党の許可が必要に!財務副大臣が明言!与党による事実上の検閲

☆トヨタがEV開発に本腰、中国の動きなどで戦略転換

☆日本の「我が闘争」ドイツ新聞、中国、シンガポール、ロシアで記事に!
ameblo.jp/minakatario/entry-12267509000.html
・英語圏は過去にも「我が闘争」問題にも懸念を示して、安倍が陳謝したことがある。
ということで、世界はクールに安倍の狂気を分析していますが、政府に声をあげることなく盲信しているのは日本人だけですね。
一応、声をあげる方法。「100円de国連に選挙監視要請」
ameblo.jp/minakatario/entry-12265744431.html
匿名可だそうですよ。

————————-
今日のおすすめ:美味しい春フルーツ食べましょう・・・・

フルーツ